病床の先生の言葉から、自分なりに考えたこと

1 / 4 ページ



高校時代、僕は完全に落ちこぼれていました。

なんといっても成績が圧倒的に悪かったです。


学校帰り、ゲーセンに寄って、まわりにいた友達に、

こないだのテスト、400番台だったよ

といったら、

友人A
なんだーお前も400番台かー、オレもだよ
友人B
俺もだよー
友人C
ボクも
友人D
あらら……

と声が返ってきたので、確認すると、なんと、その場にいた僕を含めた友達全員が401~410番の範囲に収まっていることがわかりました。


「ある意味すごいかも!」とみんなで大笑い。


ちなみに、僕たちの学年はだいたい420名でしたから、そろいも揃ってかなり下位レベル。

そのころ、僕は学校帰りにゲーセンかレコード店か書店によってから帰り、帰宅後はゲーム(ファミコン)や読書にいそしむ帰宅部所属(実はとある同好会には所属していたのですが、ずっとサボっていたという……)。


はっきりいって、学校に行くモチベーションの大半は食事(お弁当)と友達と遊ぶこと。


教科書類はほぼすべて学校のロッカーに置いてあって、カバンの中はお弁当とそのとき読んでいた本のみという潔い(?)状態。寒くなると、三段のランチジャーがメインの荷物で、メニューはカレーやシチュー、お味噌汁や、オムライスなど暖かいメニューをお弁当に採用してました。

って、母に頼んでいただけですが。

正直、社会人となった今よりも充実したランチタイムでしたね(笑)。


数週間に1回は、土曜日の午後、学校帰りに仲間と連れ立って焼肉食べ放題に行ったりしていたので、体型も社会人となった今よりもかなりすごく充実してました(苦笑……)。


――というわけで、まったく勉強していません。

まあ、そんな状態ですから、成績が悪いのは当たり前です。

僕が通っていた高校は、テストで25点取れないと赤点で、再試験でした。

僕は不思議と赤点をあまりとらなかったとはいえ、たまの追試が面倒なイベントで、なんとかしないとなーとは思ってはいたんです。でも、学校の成績を良くすることよりも、出たばかりのゲームをいかに早く攻略するかとか、興味のある本を読みたいということにばかり気を取られてました。


友だちの一人は、赤点連発でしたが自慢げで。世界史で7点を取った際、授業中に小声で、

友人C
♪セブーン、セブーン~♪

とウルトラセブンの主題歌を歌うなど、みんな、能天気で。今思えばなんかちょっともったいない気もします。なんというか、あとでガーッとやればなんとかなるとか思ってました。


で、そのころ僕が得た知識は、ほぼ0点のテスト結果でも不思議と偏差値が自分の想定よりは高いことがあるとか、念をこめてマークをしたマークシートのテストは、あてずっぽでやるよりも正解率が低いとか、そんなことばかりです。中学校のときはかなり成績がよかったはずなのに、1年かそこいらでずいぶんと成績は落ちるものだなということも身にしみてわかりました。


みんなの読んで良かった!