わたしのあまい処方箋

1 / 2 ページ


■母は魔法使い


わたしの両親は共働きだったので、
小さいころは家で留守番をしていることが多かった。


そのころのわたしは少し繊細なところがあって、
些細なことでも心が傷ついて、すぐ泣き出してしまう子どもだった。


そんなわたしに、母はいつもあまいお菓子をくれた。


そのお菓子を食べると、不思議と落ち着いた。
あらゆるものから守られているような安心感があった。

母がくれるお菓子は、わたしにとって1番の処方箋だったのかもしれない。

そのお菓子は、怖いことも全部忘れさせてくれる優しい魔法だった。


わたしの心を温める「秘密のお菓子」をくれる母は、
まるで魔法使いのような存在だった。



■ご褒美のケーキが、いまでもわたしの支え

小さいころのわたしはとてもおとなしくて臆病だった。

必要とされたくて、好かれたくて、勉強もがんばった。


そのおかげで、学校のテストでは良い点数を取ることが多かった。

テストでいい点数をとると、母は決まってケーキを買ってきてくれた。


温かいお茶と一緒に食べるケーキは、
わたしの憂鬱をあっという間に吹き飛ばしてくれた。


「がんばったね」と母が買ってきてくれるケーキは、
「頑張っていれば良いことがある」と教えてくれた。
わたしが未来へ歩いてくエネルギーになった。


それは今でも、わたしの希望になり、支えとなってくれている。


共働きで、普段はあまり頼ることができなかった母。


そんな母からお菓子を受け取りたくて、甘やかされたくて、
色んなことを頑張っていたような気がする。


小さいころのそんな経験もあって、
今でも辛いことや悲しいことがあると、甘いお菓子を食べる癖がある。


やり場のない思いで心がいっぱいになってしまったときは、

コンビニに寄って、いくつか気に入ったスイーツを買い占める。

甘いものを食べて泣く。

これがわたしにとっての一番のストレス発散方法なのだ。


みんなの読んで良かった!