ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その8:問題だらけのバス移動】

1 / 3 ページ

前編: ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その7:パタヤビーチへようこそ】
後編: ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その9:ニセ韓国人のユジン】

世界遺産のアユタヤに行きたい

ユネスコの世界文化遺産に指定された古都アユタヤ。

タイの歴史が詰まったような場所である。

その日は丸一日使って行くことに決めた。


ガイドブックではモチットバスターミナルへ行って、

そこからバスで1時間30分ほどと書いてあった。


まずはモチットバスターミナルだ!

と左腕にカタカナで「モチット」と書いた。

もうタクシーは使わないで、バスで行こうと思った。


人生初のタクシーでパントマイム

なぜバスで行こうと思ったかというと、

前日にタクシーでブルった体験があったからだ。


タクシー移動中に運転手に「これうまいぞ」

パプリカみたいな黄色いフルーツを渡された。


こわい。こわすぎる。


心の声
食ったら眠らされて森行きだ


運転手がバックミラーでチラチラこっちを見てくる。

こんなわけわかんないもの食えないよ。いや、マジなに見てんの。


タクシーという個室の中で男と女がふたり。

見たことない果実を渡す男。不信感で白目の私。

目的地はまだか。くそ、渋滞かよ。緊張感が増していく。


その時、私の頭の中の小さなおみそがひらめいた。


(ひらめき)
食べたことにしたらいいじゃん(キラーン)


天才かよ。よっ、埼玉のジョブズ。


フルーツを握る手の甲をできるだけ正面に向けて、

口もとを見られないように食べるふりをした。

今日限りのパントマイマーになろうと思った。


知らない人からもらった物を食べてると思ったでしょ。

みんなの読んで良かった!