ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その10:象使いのミヤサコ】

1 / 3 ページ

前編: ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その9:ニセ韓国人のユジン】
後編: ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その11:さよならバンコク】

陽気な象使いのおじさん

私を乗せたトラックはゾウ乗り場の施設の前で止まった。

ガイドは「ここで待ってるね」と売店の前のベンチに座った。

ドキドキしながら入るとゾウの鳴き声が聞こえた。


ゾウだ!ゾウ!

そこには背中に椅子を乗っけたゾウが何頭かいた。

入口でチケットを買い、待っているとひとりの象使いがやってきた。


象使い
はぁあ~い!サワディー!
アナタ ニホンジンネ? コンチワー!

その象使いは異様なテンションでやってきた。

え、お酒飲んでる?ってくらいの勢いがずっと続いた。


私はその象使いのおじさんをミヤサコさんと呼ぶことにした。

もちろんタイ人なので本名ではない。なぜなら


象使い
みやさこぉ~です!
みやさこぉ~です!
はい、オッパッピー!!


みなさんご存じのギャグを連発していたからだ。


ミヤサコさんの案内でゾウの前までやってきた。

ゾウは近くで見ると大きくて迫力があった。

つぶらな瞳で私をジッと見つめてくる。


手のひらをゾウに見せるとそれを確認するように湿った鼻でパフパフと触ってきた。


わたし
かわぇええ。(うっとり)


この時点で感動してすでに泣いていた。





ミヤサコさん
はぁ~い!!
ゾウに乗るよー!
オッパッピー!!!


感動を突き破るかのように入ってきたミヤサコさん。

彼が合図するとゾウは腰をおろし乗りやすいように小さくなった。


ミヤサコさんはゾウの首もとに乗り指示を出していた。

ゾウの背中は思ったより高かった。ゾウが動くと乗っているイスも動きに合わせて揺れた。


私がいつも遠くから見ていたゾウは、

みんなの読んで良かった!