【共働きの両親へ】いつもいなかったから、大事だった-限られた時間が私達兄妹に与えてくれたもの

1 / 4 ページ



「せめて子どもが小学校を卒業するまでは、家にいてあげたい」

社会人生活を11年間過ごす間に、そう言って仕事を辞めていった友人や同僚を何人も見てきた。


彼女達の気持ちは、私にも分かる。私に子どもはいないが、おなかを痛めて産んだわが子はきっと側に居るほど可愛くて、せめて小学校までの大切な時期を側で見守りたいと思うのは、ごくごく自然なことだろう。


しかも、どこにどんな残酷な人間が紛れているか分からない昨今。小さな子どもを置いて働きに出ていたら気になって仕方ないはず。「見えないところでいじめられていたらどうしよう」とか、「寂しい思いをさせていたら」とか、「お腹を空かせて泣いていたら」とか。

考え始めたらキリがないだろうな、と思う。


それでも私は、自身の経験から子どもを預けての夫婦共働きも悪くないとはっきり言える。

働く両親。

家にずっと居て、自分達の世話だけをしてくれる母親に憧れたこともあったけれど、「家にいなかった両親」はさまざまな思い出を通して私に一つの家族の在りかたを見せてくれた。


私の両親はフルタイムの共働きを37年間貫いた。

働く両親の元で私と兄妹達が見てきたのは、共に稼ぎ、共に育てる-“共闘”ともいえる親としてのひとつの生きかただった。


鍵っ子の憧れ


小学校入学の日に渡されたのは、赤いリボンの付いた家の鍵だった。失くさないように、ランドセルの一番小さなポケットが指定位置。

最初の授業の日、私は家に帰るクラスメイトと別れて、一人地域の学童クラブに向かった。


父はサラリーマン。母は公務員。兄(2歳上)、私、妹(3歳下)の5人家族。私達兄妹は、生後2ヶ月から保育園に預けられていた。


保育園時代、送っていくのは父で、迎えに来るのは母の役目だった。それでも、当時それなりに忙しい職場にいた母はお迎えの時間に間に合わないことも多く、私たちはよく同じ園の友人宅に世話になっていた。


小学校に上がると、学童に通った。学区から離れたところにあった学童は子どもの私には少し遠く、同じ学校から通っている子はいなかった。

先生は好きだったし、おやつも食べられた。置いてある漫画なら読み放題、夏休みには昼寝もできる。けれど、私の足は学童から遠のいた。


そこが自分の居場所のようにどうしても思えなかったからだ。学童にいる間、いつも私はなぜ自分がここにいるのか分からなくて、子どもながらにひどく「座り」の悪い思いを抱いていた。


私が一人でいることを心配する親に、それは言えなくて。だから、学童に行く振りをして図書館に行ったり、ひたすら自転車で走り回ったりしていた。

そのうち学校で仲の良い友達ができると、その子の家に入り浸った。彼女の母親は専業主婦だった。


家に母親がいることを一番羨ましく思っていたのは、小学校低学年のこの頃だったかもしれない。保育園のときは、周りの家庭がみな共働きだったから、それが普通なのだと思っていて。

友人の家は初めて触れる「いつも母親が側にいる家庭」だったのだ。


それまで、平日の夕方に母親とお出かけできる家庭なんて、考えたこともなかった。母が平日に家にいるのは兄妹の誰かが具合の悪い日か、何か用事があるときだけ。どちらかというと良い印象ではない。

父なんて、もっとだ。当時、父は職場を変わる前で「今にして思うと、あの時期に身体を壊さずに乗り切れたのは奇跡に近い」というほどハードな環境で働いていた。


学校帰り、友人の家に寄ると、その場ですぐにプリントを見てくれる母親。夕飯の買い物で一緒にスーパーに行って、こっそりお菓子を買ってくれる母親。夕方になったら「ご飯だよ」と迎えにくる母親。今まで想像もしなかった“お母さん”の姿を間近で見て、当時10歳にもならなかった子どもの私が憧れたのも無理はない。


みんなの読んで良かった!