1993年、19歳で中国に五年間留学してみた。

前編: 1993年、19歳で中国に五年間留学してみた。第二回
あの頃の話をする時、どうしても思い出すことがあります。
私の小学校時代時代のことです。
私はクラスの半分が在日中国人、韓国人、北朝鮮人、台湾人そして、シンガポール人がいました。彼らは当たり前ですが、皆日本語を話し、日本語でコミュニケーションをしていたので、当時の私は完全に出身地が違うだけで、同じ日本人だと思っていました。
勿論そんな違いがあるなんて、認識してませんでしたし、
同級生同士で遊ぶ時は、全然違いを感じませんでした。
ただ、子どもながらに何か違和感を感じていたのは、
登下校の際、一年生と六年生が一緒に帰る時、
六年生の王君と話をしていた時です。
六年生は足も速いし、頭もいい、そしてとても大人に見えたのです。それは当たり前といえば当たり前なのですが、彼らの一人が突然クイズを出してきました。「漢字、ラーメン、餃子、箸、ごはんはどこのものでしょう?」と言い出し、私は自信満々に「日本!」と即答すると、「ブー、不正解。正解は中国だよ!」と言うのです。不思議で仕方なく「なんで??」と聞くと、「全部中国から来たんだよ、日本は中国の影響をすごく受けているのさ。」
別になんてことない、どこにでもある登下校の会話です。
ただ当時の自分には、インパクトがありました。
ぽかーんとしてました。。
自分の国のモノだと思っていたモノが全て中国から来たもの?? そしてこの人はそれを知ってるすごい大人!
中国ってなんだ? 日本のどこにあるのかな?海外??外国って国があるらしいから、その中の国?? アホアホだったので、内国、中国、外国という三カ国が世界にはあると勝手に信じてました♪
今思えば、ここが自分史上初、中国という国を意識した瞬間でした。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。