ダメなことはすぐできるぼくの更生日記 6話

「おれの名前出したん誰や?」


クラスを聞きまわり、友達に頼み他クラスまで聞き込みをした。


結果、



隣のクラスの男の子がぼくの名前を挙げたことが判明。


イライラしていたぼくは

すぐに隣のクラスに行った。




元から好きではないやつだった。

相手もやたら目立つぼくを良くは思っていないのを知っていた為、

理由はすぐに納得できた。


ただやり方に腹が立ち、殴った。

気づいたら殴っていたが正しい。



気づいた時には

ぼくは馬乗りで血まみれの男の子を殴り続けて

体育教師に羽交い締めされていた。



全く覚えていないのが本音。

著者のダメダメ ゆちゃんさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。