リアルな世界で生きたい。SNSよりも大切なコト。

1 / 3 ページ

これは私が1年半、なんとも言えない彼【グレーな関係】から学んだ出来事です。


読み手の捉え方によっては、ただのかまってちゃんですが。。。笑


オフホワイト【いやただのグレーな関係】な彼が月1来るの巻。




3か月前・・・・



友人
これまなみが言ってた彼じゃない?イイねキタケド!!コメントも!!なんなの??笑



とその彼のインスタグラムを見せられてドン引きをしたのは記憶に新しい。


なぜかというと、彼のインスタグラムの世界はリアルな友達は稀で
そのイイね、コメントが新たにSNS上で築いた関係であることは明らかであったことから
私は、友達いないのかな?って思ったのと。

私が彼から聞いてる話に相違があったのと。
何よりも、上がっている写真が私の知ってる過去の写真を
あたかもリアルタイムであげていたから。



私がきいた話が本当なのか、インスタの彼が本当なのか。

ワタシには分からないけど、ファッショニスタ?インスタグラマー?

そこで繰り広げられる人間関係にドン引きをした笑


ここで一つコメントのやり取りを紹介しよう。

インスタ女子
○○雨嫌いなの?私は好き!でも晴れ女なんだ!
○○ちゃん、晴れ女ならいつもそばにいてほしい\(^o^)/



友達からスクショして送られてきた画面と友達が見た内容でいけば
そのインスタ女子は子持ちの人妻ってもんだからビックリ。


失笑しすぎて、顔面がやばいと友人に連呼されたのはいい思い出。笑




オシャレなブロガーやインスタグラマー?を悪いとは思わないし

見ていて勉強になるしPRの仕方など的を得ているなぁと

インスパイアされることもある。





ただ、やっぱりリアルな世界で生きている。

私にとってインスタグラムは

①友達とのツールの一環

②学びの場【ファッション、メイク、ヘアスタイル、ビジネスなど】

③自己満足・日記帳の代用

って解釈をしている。




リアルな世界ではなく、会ったこともないフォロワーがいて

絡んでっていう非リアな世界で満足するのはすごく怖いと思ってる。

その世界はその世界で悪いとも否定するつもりもないけど、寂しいなって思う。

だってその世界でしかコミュニケーションが取れないし、

実は全然違う人かもしれない。存在しないのかもしれない。

現実の世界の友達は??大切な人は見エテルノ?て思っちゃう。

誰かに強要するつもりなんてさらさらないんだけど。





今日の朝のことは、


まぁ月に1度キレイな言い方をすればたくさんあるのだけど。


結局はグレーの極み。

はっきりしなかった私も悪いし、そのことについては
彼を責める気はない。www
むしろ一緒にいた時間、
私はインスタに負けた。笑笑
浮気されるより、実は妻子もちですって言われるよりあほらしい。笑
でも、私にも落ち度がある。wwww



まぁそんな彼が昨夜東京?からやってきて。

仕事が終わって、彼が来て。

たのしくもつ鍋を食べて、

その後、私の親友なんかも交えて

少し飲んで寝たの。




朝私は9時には出社だったのだけど

6時30分くらいからベッドの中で2人で喋ったりして。

そこから事件は勃発。


まぁ、携帯いじりだすじゃない?


普通に考えれば、私があと2時間で仕事いくの

わかってんじゃん。笑




そっから1時間近くずっと携帯いじってて。

【インスタグラマーきどりな方だからどうせインスタか。後でみよーっと】

っと思いながらも・・・・だんだんイライラ。笑




私の家に何しに来たの?

インスタあげるくらいなら

イチイチ来なくていいじゃん。

リアルな世界で生きれないなら

ワタシには必要がないし。

その世界がいいのなら、私は必要じゃないじゃん。




そんな思いを込めて、、、、


○○全然かまってくれない!
も~めんどくさいな~



心の中でぶっ飛ばすぞこの野郎って思ったのは内緒だ。




都合が悪かったらめんどくさいかよ。

こっちが感情だしたらめんどくさいかよ。

こっちがどんだけ気を使って接してると思ってるんだ。

私が病気だから一緒にいるの?わざわざ会いにきてんの?

なんなの、あなたはどうしたいの?笑




口では何とでも言える。

著者のA Manamiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。