ぼくはきみの服の中のオッパイを見たかった・・・

 Mはぼくと同じ高校で一学年下の女の子だった。まるで男の子のようなショートカットの髪、金八先生に出ていた時の上戸彩みたいにCUTEな美少女だった。ぼくの君に対する第一印象はただひとつ「胸がでかい」それ以外のことをぼくは何一つ思いつかなかった。小柄なきみのカラダに不似合いなほど、その胸の隆起は際だっていた。


 きみは一時期、ぼくと同じ学年の男子と付き合っていたね。駅から学校への道を並んで来る姿、帰る姿をぼくは覚えている。そのときぼくは思ったよ。「あいつはあの大きな胸が目当てなのか」と。もちろんそんなことはなく、彼は知的でCUTEなきみが好きで胸なんかはただのおまけだったのかも知れない。しかし、どんな言い訳をしたってきみの第一印象が胸であることは疑いのない事実なのだ。それに「どうせ胸が目当て」だなんて高校生の言うセリフじゃないだろう。自慢じゃないがぼくのいた公立高校は男子童貞率96%、つまり非童貞はクラスに一人くらいしかいなくて、しかも在学中に処女童貞を失った場合の浪人率は100%という恐ろしい世界だったから、だから禁欲=正義だったんだ。もちろんぼくも受験勉強に精を出し、オナニーで精を出す一人の純朴な高校生だった。


 受験勉強の甲斐あってぼくは現役で大学に合格し、その喜びもつかの間、片想いの女の子にはあっさりとふられ、童貞期間更新中だったぼくは、翌年の春にきみが関西のある有名私大に合格して大学生になったことを知った。


  当時のぼくは手紙をよく書いたよ。在学中にちょっとした面識があったのできみにも合格のお祝いと自分の大学生としての近況報告のような手紙を書いた。そうしたら一度京都を案内して欲しいという返信が来た。そしてぼくは思いがけずきみとデートできることになったんだ。


 大学生になったきみの胸はさらに巨大化していた。巨乳というのは裾野が広いんだ。富士山の裾野が広く伸びていてるみたいにね。「えっ、こんなところから胸がはじまるのか!」と思うほどにきみの胸の隆起はクビのすぐ下からはじまっていた。ぼくはきみの目ばかり見て話をしていたが、視線を下に落とせばそこには胸があった。向かい合ってる男が自分の顔ではなく胸を見ながら話してるなんてすごく不愉快じゃないか。だからぼくはいつもきみの目を見て話をしていた。視線を伏せることなんてできなかった。今思うとなんてもったいなかったのかと思う。サングラスでもして視線を隠して、思う存分胸を見ればよかったじゃないかと。でも、当時はそんな才覚はなかったんだよ。


 京都でのデートの後で、ぼくは卑怯にもきみへの手紙の中に「好きだ」というフレーズを書いた。しかし、そのときのぼくは本当にきみが好きだったのか、それともきみの胸が好きだったのか、正直言ってよくわからない。ぼくは知的でCUTEなきみを本当に素敵な女の子だと思っていた。しかし、その100倍くらいぼくはきみの胸が好きだったんだよ。そんなこと手紙に書くはずないけど。


 秋になって、いろんな大学の学園祭の季節になって、ぼくはMを伴ってN女子大の学園祭に出かけた。高校で同じクラスだったことがある仲間由紀恵みたいな黒髪の純日本風お嬢さんに誘われたからだ。実はぼくはその仲間由紀恵のこともかなり好きだった。もしもその美女を射止めることができたならば、ぼくは同じ高校のあのさえない童貞軍団を見返してやることができたはずだし。そう、ぼくのあこがれの大本命は実は仲間由紀恵であり、Mの存在価値は「自分とつきあってくれる女」という点にあったわけだから。


 N女子大学の模擬店でぼくは仲間由紀恵にMを紹介した。仲間由紀恵はMをみて、Mの胸をちらりとみて、それから妙につっけんどんな態度になった。「あなたはこんな乳のでかい頭の悪そうな女が好きなのね!」と仲間由紀恵は思ったのかも知れない。そんなことはないんだ。Mは決して頭の悪い女なんかじゃない。とっても聡明で話していて退屈しない女なんだ。でもそんな言い訳をするチャンスはなかった。だって仲間由紀恵はその後ぼくに手紙をよこさなくなったし、彼女が風の噂にお医者さんと結婚したと聞いたのはその数年後のことだ。


 N女子大の学園祭の後に控えていたのは京都大学11月祭だった。ぼくはそこでMと腕を組んだり、手をつないだりして歩くことができた。普通のカップルのように彼女と学園祭デートをするなんて幸福をぼくは手に入れた。しかし、ぼくは手をつなぐ以上のセクシャルな領域に足を踏み入れることはどうしてもできなかった。その理由は簡単だ。ぼくは童貞だったから。どうやってその先に進んだらいいのか、ぼくは全くわからなかったのだ。手を伸ばせばいつでも触れられるような距離にありながら、その胸はぼくにとって相変わらず不可視のものであり、かつ不可触のものであったのだ。


 そのままお正月が過ぎ、春になった。ぼくはMと初詣に住吉大社に出かけ、そこから阪堺線のチンチン電車に乗って浜寺公園に出かけた。潮の香りのするコンクリートで固められた護岸の上の散歩道をのんびり歩き、座って話をした。おだやかな一日だった。あの頃ぼくたちはいったいどんな話をしていたのだろう。そうして休日には手をつないで歩き、一緒に映画を見たりしたぼくたちはまぎれもなく「つきあってる」という状態だった。しかしぼくにとってきみの胸は相変わらず不可視のものであり、かつ不可触のものであった。どうすればぼくはその二つを可能にできたのだろうか。まだ20歳にもならない自分はその方法を何一つ知らなかったのだ。もしもできることなら今の自分が当時の自分に憑依して、知りうる限りの恋の手練手管を用いてその困難を可能にしてあげただろうに。


 ぼくは免許を取り、中古車でいすゞジェミニを買った。それでMとドライブすることになった。Mに向かって「どこに行きたい?」と聞いたら「鞍馬」という意外な答えが返ってきた。ぼくたちは鞍馬のおもちゃみたいなケーブルカーに乗った。汗ばむような陽気の中で、同じようにデートしているカップルが居た。ぼくたちとの違いは彼らがキスをしていたことだった。ぼくは赤面した。キスとは、ああキスとは、それは限りなく遠くに存在する行為じゃないか。まだぼくは胸を見たこともないのに・・・・いや、それは違う。少なくとも胸を見るという行為は、キスという行為のさらに先に位置するものであるはずだ。ということは、自分が胸を見たいとか触れたいと思っていたことは根本的な間違いであり、それを実現させたかったら先にキスという段階をクリアしておかなければならなかったのだ。キスとは、胸を見るための必要条件である。もちろんキスをしても胸を見るところまで到達できない場合もあるだろう。しかし、キスをしないで胸を見るなんてことはどう考えても変だ。つまり自分は、「胸を見るためには先にキスをしなければならない」という恋愛の発達段階の重要な法則をそのときに発見したのだ。ストレートに胸に到達しようと思っていた自分が間違っていたのだった。「乳首を舐めたかっらたまず相手の唇を舐めろ!」ぼくはその真理をここに理解したのだった。


 しかし、破局は突然にやってきた。Mが教会に通い始めたからだ。学生のぼくたちがデートできるのは日曜日に限られていた。その二人のための貴重な日曜日を、Mはこともあろうに私ではなく神に捧げてしまったのだ。ぼくは一度Mにくっついて教会に一緒に行ったことがある。Mのスクーターの後を、ぼくは実家にあったヤマハパッソルで追走した。当時はまだ原付にヘルメット着用の義務はなかった。そうして教会に出かけたのも一度きりだ。ぼくにはきみの胸を見たいという願望があったが、教会で聖書を見たいとは思わなかった。僕に必要なのは聖ではなくて性であり、聖書ではなくて早くぼくを童貞から卒業させてくれる性書こそがぼくにとって必要な書物であった。「汝、姦淫するなかれ」という神の教えは、その反動でぼくの心をますます君の乳房への思いでいっぱいにした。ぼくは教会についていくのを止め、ぼくたちの仲は自然消滅した。ぼくがMと最後に会ったのはぼくが大学を卒業した春だ。そのとききみはブラウスのボタンを二つもはずしていたから、ぼくは思わず「うっひょ~」と心の中で叫んだ。そのとき、きみのオッパイはぼくの心の中で永遠の憧憬になった。あれから32年経つけど、今でも君の胸は成長を続けているのかい?

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。