人の可能性を、金太郎アメみたいなくだらない1つの考えで断ち切っちゃだめだろう

金太郎アメは、切っても切っても同じ模様がでてくる。

この金太郎アメみたいに、何か1つの考えでしか見られない人がいる。

 

1つの考えでしか見られなくても、別にかまわないんだけれど。

自分だけそう考えていれば。

 

面倒なのは、その金太郎アメのような1つの考えを、人におしつけてくる人だ。

おせっかいな隣のおばちゃんタイプの人。

 

 

人は、自分の可能性を広げようと思って、

やりたいことをやろうと思って、

そのための方法を得るためにいろんなことをする。

 

その時に、1つの金太郎アメみたいな考えで、

「それはムリ」とか

「やめなさい」とか、

そういうのは、どうなんだ、と思う。

 

その人自身を見ていって、その「やりたい」がほんとのやりたいじゃなくて、

欠乏感からの「やりたい」だったら、

それは「やめなさい」と言ったほうがいい。

 

心の欠乏がまずない世界にして、それから本当の「やりたい」を探したほうがいい。

そして、本当の「やりたい」をどうやっていけばやれるのかを、

強みをみたり、自分の資質をみたりして、考えていけばいい。

 

でも、そんなことさえ見ないで、

ただ金太郎アメみたいな1つの考えで、

人のやりたいことを、「そんなのムリ」とか「やめなさい」っていうのは、

どうなんだろう。

 

金太郎アメみたいなくだらない1つの考えで、

誰かの可能性を断ち切る言葉をかけちゃだめだろう。




それは、呪いの言葉をかけるようなものだ。

私は、私が色いろ迷っている時に、

人がどういう言葉を私にかけるのか、冷静に見ていた。

 

呪いの言葉をはく人。

勇気を与える言葉を言う人。

 

やたらむやみに、前向きなこと言えばいいわけじゃない。

それはただの無責任だ。

 

外の世界の流れ、状況もちゃんと把握していないといけないだろう。

たとえやりたいことがその状況のなかで難しいことだとしても、

何かをやりたい人に対して、「やめなさい」となぜ言えるのか。

 

その人を、そんなに知っているのだろうか。

ただのくだらない金太郎アメみたいな1つの考えで言っているのだとしたら、

とっても最悪だ。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。