人生は思い出のマーニーのように…

1 / 2 ページ

 二日前。丁度見かけたビデオ屋さんに入って、ジブリの思い出のマーニーを借りてきて見た。


ネタバレをしたくは無いので内容は書きませんが、見初めて39分40秒の所で感極まって泣いた。


父が死んで母の前で一度だけ泣いて、あとは決して人前で涙を流していない僕ではあるが、一人で見ていて良かった。


あれは泣く。特に心に傷を持ってる人によっては、同じ気持ちになって泣くであろう。そして是非子供に見せてあげたくなった。


そんな感動が詰まっていた。


僕の人生は決して自慢できたもんじゃない。馬鹿で愚かで嘘つきで自分が大嫌い。そんな自分の心を解放してくれる映画だった。


もうネタバレしちゃってるのかな?(笑)


死んだ父にも見せてあげたかった。


人生は思うようにいかない方が多いけど、決して捨てたもんじゃない。


誰もが神様に愛されて産まれて来た。この世に生まれた瞬間から大変な苦労を背負い込むことになる人間の世界ではあるが、僕は仕事上一人きりで作業することが多い。


書くことが仕事であるので、音楽を聴きながら、作業することが多い。


孤独は感じない。


孤独が大好きである。


でも本当はすっごい寂しがり屋。


矛盾してるのであるが、矛盾が多いほど人間は考える。この矛盾をどうしたら突破できるかを…。


大昔は笑ってる事が多かった。気付けば友人は周りに集まっていた。


でもいつの日からか、友人の作り方が分からなくなっていた。


世間一般で言う欝とも違う。


だって昔の友人とは大笑いしながら話せるんだもん。


高校生時代に友人と呼べる人間は一人しか居なかった。お弁当はいつもその友人と食べていた。高校生ってすっごい難しい。


中学生までは小学校から自動的に同じ学区に上がるからいいんだけど、高校はいたる所から集まる。


その友人も今じゃあ行方不明。高校を卒業して大学が違っていたから、疎遠になってしまった。結局、中学時代の友人と同じように孤独を感じてる人間が自然と周りに集まるようになっていた。

みんなの読んで良かった!