少し泣きたいあなたへ

失敗した場所で立ち止まることもあるけれど、それはそれでいいと思う。

今日は今日、明日は明日なのだから。



雨があがる


僕は水たまりに足をつっこんだまま それでも


なんとか顔を上げ 空を見る


空は高く 


空は蒼く


空は果てしなく広く


雲は堂々と 風を受けて流れる


みずいろ ばらいろ 鼠いろにオレンジ


さまざまな色に変化する雲たち 鳥たちの声


固くて 冷たい 大粒の雨をふらせた空は


いまは 知らん顔して 明日のほうを向いている


僕も今日から明日へ 歩いていこう


虹の橋はなくても


自分の足で歩いていく


それは なんて素敵なことだろう なんてわくわくするんだろう


僕は自分の人生を生きているんだ



苦しい時こそ、人生を変えていくチャンスの時_。
じぶんでじぶんを励ましながら
一歩ずつ歩いて行こう。

読んでくださり、ありがとうございます。


みんなの読んで良かった!