男子から女子への花贈りエピソード 2

男子からの”日常的花贈り”の良さを広め、日本でも男子の花贈り文化創造を目指す活動をスタートさせました。
facebookページに男子から女子への花贈りエピソードを集める事をメインの活動しているのですが、せっかくなのでSTORYS.JPの方にも紹介していこうと思います♫
-FLOWER GIFT STORY-
【愛犬を亡くした母へ】
今朝、父親から一本の電話があり、実家の愛犬が亡くなったと告げられた。
僕が小学5年生の時に産まれ、一緒に暮らし始めた柴犬だ。
人懐こくてイタズラばかりする可愛いやつだった。
雷がなるとスグにビビるし、家を脱走して追いかけまわしたり、お気に入りの革靴を噛まれ、泣かされたこともあった。
姉はアメリカにずっと住んでいて、僕自身ここ7年ぐらいは自分の夢を追っかけて実家をでて上京した。
その間、実家にはずっと両親だけで寂しい思いをさせていると思う。
両親はそんな寂しさを愛犬に凄く救われていたと思う。
特に母は僕が上京してから、毎日ご飯をあげたり、喋りかけたり常に接していたから、悲しみは尋常じゃないと思う。
そんな母へ少しでも気休めになればと思い、贈ります。
母の好きなオレンジ色の花を添えて。
-FLOWER GIFT STORY-

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。