鬱病を克服するためにナンパ師になったアラフォー男の話

1 / 7 ページ

それは、ハロウィンの頃。
私は夜な夜な繰り広げられる非日常的な仮装パーティーに酔いしれていた。
名古屋市緑区の坊主山という郊外で育った私は、学生時代から都会に憧れていた。
綺麗に着飾って、高級なレストランで、露出したワンピースを着て、シャンパングラスを片手に甘い言葉を囁いてくれるナイスガイとのデート。
代官山、六本木、恵比寿、広尾…
飯倉の交差点から高速に乗る
マセラティのエンジン音が心地よくBGMを掻き消してくれる。
高速道路から見るビルの明かりが、生まれ故郷で見た蛍と重なる。
ああ、これが、私が憧れていた世界…
バツイチとなって一皮剥けた私に、男たちは群がった。
季節ごとに味わう三ツ星レストランでのフレンチや懐石料理を食べさせてくれる相手には困っていない。
妙齢の男たちが私に何を期待し、何を求め、何を得たいのか、それがわかっているから。
肢体に張り付くワンピースを身に纏い、甘い香水をくゆらせ、相手を尊重し、彼らの事業の成功を称え、美しい言葉と所作で、時々体が触れるか触れないかの距離を保てば良かった。
気分が乗れば、一緒にホテルに行きベッドを共にし、嫌なら「あなたとはもっとお互いのことをよく知ってからにしたいの」と添い寝をして眠ったふりをすれば、セックスをしなくてに済んだ。
気がつけば、半年間。
私は誰ともセックスをしていなかった。
したいと思う人がいなかった。


そんな時、彼からナンパされた。
その日、私はハロウィンパーティーに向かうため、定時で退社し自宅に着替えに戻る途中だった。
銀座線に乗るために銀座四丁目の交差点に向かっていると、松屋銀座の辺りで、
「すみません。お一人ですか?」
サラリーマン風の背の高い35歳くらいの男性が声を掛けてきた。
「私、急いでますので…」
手を顔の辺りで左右に振って、さようなら、とそのまま、足早に立ち去ろうとする。
私の速度に合わせて歩いてくる。
「じゃあ、駅まで」
松屋銀座から銀座駅まで約8分。
まあ、それくらいの時間なら、と思い、つかの間の話し相手になることにした。
「後ろ姿が只者じゃないオーラが出てましたね。普段、僕はナンパなんてしないのですが、ついつい声を掛けてしまいました。」
(はい。来ました。
ナンパ男の常套句『普段はナンパしない』)
「あら、偶然。私も普段はナンパに耳を貸さないのよ。私達、縁があるのかしら。」
あと、8分後には解放されるという安心感から、話に乗ってあげることにした。
「どうしてナンパしてるの?」
「大阪から上京してきて、最近職場の同僚が結婚して、そろそろ自分も、って思ったんだけど、転職したばかりで毎日職場と家の往復で出会いもなくてね、」
(はい。来ました。『結婚考えてます』アピール。アラサー、アラフォー女性が反応するって思ってるのね。私、バツ2って言ってみようかしら。)
「そう。」
(…もう駅に着くし、めんどくさいからこの話はやめよう…)
「また、会える?」
「毎日ここ通勤で歩いてるから、毎日ナンパしてれば会えるんじゃない?」
「なんやねん、それ!

みんなの読んで良かった!