ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その13:女ひとり旅のススメ】

1 / 5 ページ

前編: ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その12:完結編】

女ひとり旅ルール



話しかけられたら、まず「カモられる」と思え

不安なひとり旅だと誰かに話しかけられると心を許しがちになる。

しかしどう見ても旅行者とわかる人に話しかけるのは大体セールスマンだ。

もしわからないことがあったら、自分に全く興味ないような通行人に聞くのがいい。


ナンパ師はいたるところにいる

日本人の女性はモテる。というかきっとナメられている。

日本では非モテでナンパなんぞされたことがなかったが、1日1回は声をかけられる。

街を歩けばどこからか「かわいいね。ヒュー」と言われる。まじで。


最初は慣れないので照れたり対応してみたが、日を追うごとにイラついてくる。


海外の「かわいいね」は、

日本の「お疲れさまです」とイコールだ。


たとえ言われても落ち着こう、あなたはかわいくない。


日の当たらない場所は歩くな

日本で生活していてもそうだが人がいないような場所や、

怖い人がいるような場所にはわざわざ行かないと思う。あたり前の感覚を大切にしてほしい。

初心者がナイトスポットに行くのはNG。

行けるのは旅慣れた上級者だけだと思ってほしい。


太陽が出たら活動して、日が落ちたら外出しない。


お邪魔する国のルールや宗教を尊重する

タイの場合はお坊さんを大切にしている。女性は肌を見せてはいけない国だってある。

相手が信じているものに従う。

行く国の言葉や場所がわからなくても、最低限これだけは知っておこう。


他の国の土地を踏む時は「お客様」ではなく、

自分は「エイリアン」だということを自覚すること。



こんな時代だから、を利用しよう。

メディアがなにかと○○離れと騒ぐのもいかがかなと思うが、

若者が保守的になっているというニュースを見た。

日本から出たことないという人は私の周りでも多い。

その度に

みんなの読んで良かった!