愛は国境を貫く・・・NYで花開く私のグローバル恋物語(その1)。

1 / 5 ページ

後編: 愛は国境を貫く・・・NYで花開く私のグローバル恋物語(その2)。

「バカ真面目で頭が固い」私と、サルサが好きなNY生まれの彼女がつづった、lovelyなストーリーです。


彼女の名前は、Jacky(ジャッキー)。コネチカット州立大学を優秀な成績で卒業し、メキシコへ留学して、スペイン語がネイティブレベルで話せる女性だった。メキシコの陽気な雰囲気があり、サルサを踊ったら、メキシコ出身の男性達が群がるくらいに、サルサが上手かった。


Jackyとは、アメリカのMBAコースで知り合った。彼女は、マーケティング専攻だった。自分で起業してレストランを経営したくて、レストランで働きながら、卒論の材料を集めていた。


私は、2学期目から、off-campusのアパートに引っ越した。もっと静かに勉強したかった。日本人としては、静かな環境で、じっくりと時間をかけて集中したいと思う。なにせ、アメリカ人は、どこでも長話をする。それには、閉口することもしばしばあった。だから、経費をあまりかけられない私が、一大決心をして、引っ越して来たのだ。


その隣りにいたのが、Jackyだった。妹のIrene(アイリーン)と同居していた。Jackyは、アメリカ英語の発音がきれいで、お手本になるほどの正しい英語を話していた。Non-nativeの私には、英語の勉強には、うってつけの相手だった。


「もし良かったら、英語を教えてもらえないかな?間違ったら、直して欲しいんだけれど・・・」

「ええ、いいわよ。その代り、私に日本語を教えてね。あなたの日本語の指導は、キャンパスで大評判だから。」


アメリカにやって来て、最初の学期でルームメートになったTim(ティム)への日本語指導は、大当たりだった。日本で英語の家庭教師をやっていたこと、国文学が好きで国語の成績が良かったことが幸いした。日本語を英語で教えることが、かえって英語力を増す結果になった。


そして、いつしかキャンパスでは、日本語を選択しているアメリカ人の間では、私の指導が評判になっていた。


「たった10週間で、基本会話が出来るようになる日本語会話教師」


これが、私の肩書きになった。Timは、一学期の日本語コースは、すべて「A」を取った。そして、私の評判が教官に伝わり、日本語コースのダイアローグを作成するお手伝いをすることになった。日本語の教官も、日本人でありながら随分と日本を離れている。だから、今の日本を知らないのだ。


日本の今を知らない日本人が、日本の今を知りたいアメリカ人に、日本語を教えている。


なんか面白い構図だと思いませんか?


Jackyは、2学期目から日本語コースを取り始めた。私が特訓することになった。そして、私はスペイン語を取ることになった。英語でスペイン語を習うなんて、日本では考えもしなかったことだ。


毎日、毎日、お互いの言語を教え合った。


そして、私も彼女も、親しくなるのに、それほどの時間がかからなかった。


ある土曜の晩、Jackyがアルバイトから帰って来た。エプロン姿で、私の部屋に来た。エプロンのポケットには、たくさんのチップが入っていた。メキシコの雰囲気を漂わせる彼女の陽気さが、お客を楽しませ、その代わりのチップであふれていた。歩く度に、「ジャラジャラジャラ」と音を立てていた。


ふたりでテレビを見終わると、彼女を送って行こうと私が言った。でも、その日の彼女はちょっと違ってた。何かもじもじしていた。


私の部屋のドアを開けて、出ようとした途端、


彼女は、私の顔に飛び込んで来た。


そして、思い切りキスをした・・・


私は、あっけにとられた・・・しかしながら、


みんなの読んで良かった!