自分のままでも愛される

『デスパレートな妻たち』

ポール・ヤングは自分のあやまった世界観で

2番目の妻を追いつめてしまったんだけど


追いつめられてしまった妻

ベスの側から見てみよう。


ベスの

世界観:

 自分は価値がない。


前提:

 人の役に立たなくてはならない。


        


心理:

  お母さんの役に立ちたい。

    夫の役に立ちたい。

    せめて誰かの役に立ちたい。


        


行動:

    お母さんのスパイになって夫をさぐる。

    夫のみかたになろうとする。

    スーザンに腎臓を提供しようとする。


          

結果:

    上の行動はことごとく失敗。

            ↓    

  病院でスーザンに腎臓提供をする書類を提出し

    その場で自.殺。



ていう

なんかあまりにも、な結果になってしまう。


事実は

まだ若くてかわいらしくてある意味素直で

「価値がない」はずがない。


いくらでも

大切にしてくれる人はいるのになあ。


「自分のまま」で

すっごい価値がある

っていう世界観でふつうに生きていれば

友達も恋人も結婚相手もすぐできるのに。


めちゃくちゃもったいない例。


最悪のじたいになってなくても

「誰かの役に立たなくちゃ」と思っている人は

けっこう多いと思う。

著者の山崎 理恵みりえさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。