愛は国境を貫く・・・NYで花開く私のグローバル恋物語(その3)。本音の話をしよう!

1 / 4 ページ

前編: 愛は国境を貫く・・・NYで花開く私のグローバル恋物語(その2)。

男女が出会って、付き合うと決めた時、お互いを選んだ責任があると感じていますか?私は、そのことに気づいたのです。


私は、その責任を果たすために、Jackyに会いに行きました。


恐ろしく厳しくて、忙しい職場でありながら、上司に休暇を申請したのです。それも、「彼女との話し合い」のためです。日本なら、考えられないですよね、「恋愛沙汰で休暇を取る」なんて。


しかしながら、どうやって上司に言えば良いか?それが問題でした。


そこで考えました。


始業1時間前に出勤して、上司に言うこと。それが、本当に切羽詰まった状態だと、上司に伝わると思ったからです。


期待通りに、上司は朝早くから出勤していました。上司と個人的に話すには、「早朝がいい」。それが、アメリカ生活で身に付けた技なのです。


「Tom(トム)、話があるんだ。」

「何だい?」

「フィアンセが、怒って帰ったんだよ。」

「それで、どうしたいんだい?」

「一度話をしに行きたいので、一週間休暇が欲しい。」

「わかった。いつから行く?」

「明日から・・・」

「いいよ、あとのことは、同僚がカバーするから・・・」


あまりの期待どうりになったので、びっくりしてしまいました。


同僚が出勤した時には、すでに休暇を取る準備に入っていました。


「みんな、私は、彼女を愛している責任を取りに行って来る。だから、あとのこと、よろしくね。」


同僚は、びっくりしていました。今まで聞いたことのない私の在り方に、驚いたのです。


「行ってらっしゃいよ、みんな応援するから・・・」


私は、うれしかったんです。みんなが応援してくれていることが。正直に自分の思いを言うことが、相手にそのまま伝わって行くと気づきました。


第一回目の話し合いに行きました。


NYの空港に着いた時、しっかりとメイクしている彼女がいました。思い切りハグして欲しいって感じでした。その通りにしました。それから、彼女の家に向かいました。


「娘が、飛んだことをしてしまって・・・」


お母さんが、とても辛そうに言いました。事の重大さを感じているのは、母親であるお母さんです。


みんなの読んで良かった!