ブラック企業

労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いたり、関係諸法に抵触する可能性がある営業行為や従業員の健康面を無視した極端な長時間労働(サービス残業)を従業員に強いたりする、もしくはパワーハラスメントという暴力的強制を常套手段としながら本来の業務とは無関係な部分で非合理的負担を与える労働を従業員に強いる体質を持つ企業や法人(学校法人、社会福祉法人、官公庁や公営企業、医療機関なども含む)のことを指す。
ま、程度の差こそあれ、不況下の日本では結構ありがちだ。
特に搾取することに抵抗感のない経営者や、階級意識の強い経営者、民主主義の根本を理解していない経営者に多い企業群である。
これが増えると、自殺と精神疾患患者が増える。
結果的に社会にとってマイナスである。
私は精神障害者だということを、隠して入社した。
だが、会社は受け入れた。
しかし、管理が厳しく、搾取の激しい職場に私は自分なりに許せるラインを引いている。
私は会社の所有物でもないし、道具でもない。
都合の良い経費削減要員でもなければ、バカ安い労働力でもない。
そろそろ大人同士の話し合いをするべき時期に入ってきた。
先方は要求を大きくしてきた。
私は「NO」を突きつけなければならない。
休み明けには着々と客観的な事実を記録していく。
私をペットのように手懐けようなんて、都合が良すぎる。
経営者は「曲がったことが大嫌い」で「筋の通らない話も嫌い」らしい。
グダグダとごねる輩よりも、逆に話が早いかもな。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。