第百四章 古典的集客術

1 / 2 ページ

第百四章

「古典的集客術」

  橋下さんがタレントから政治家に転身したときに、世間は

「また、タレント候補か」

 と冷ややかな目で見たはず。しかし、アットいう間に「維新」は一大政治勢力になった。彼の手法は有名だが、敵を作って耳目を集めて自分の主張を世間に伝える。実は、この手法は古典的だ。

  織田信長はなぜ安土城をつくったのか。天下の耳目を集めて自分の権力を誇示するためだ。とにかく、天下の耳目を集めないと何も始まらない。それは、今も同じことだ。

  彼は、批判が集まると

「しめしめ。うまくいった」

  くらいにしか思っていないはず。本当の志は心に秘めておけばいい。とりあえず、一歩を踏み出す必要がある。

  私が塾を始める時、

「塾を始めます」

  と言っても誰も気にしない。生徒が集まってくれるわけがなかった。それで、私は当時としては珍しいコンピューターを使って成績表を作り、上位者の名前を張り出した。すると、

「競争をあおるな!」

 とか、

「えこひいきだ」

 と批判が集まった。私も

「しめしめ」

 と思った。ブログを始める時もそうだ。書き始めても誰も見てもらえない。当たり前のことだ。何十万もあるブログの中から探し出してもらうことさえ難しい。正直に書き続けたら誹謗中傷が始まった。

  私は内心

「しめしめ」

 と嬉しかった。誹謗中傷がくるということは、それだけ人の心に触れているわけだ。その証拠に、支持者も増えてアメブロ「受験生」ランキングの1位になれた。Toutube の再生回数が合計で38万回を越えた。

みんなの読んで良かった!