中学3年生、好きな女の子がいるのに引越しが...

1 / 2 ページ

中学3年生、好きな女の子がいるのに引越しが...

そんなことがありました...




忘れもしないあれはいつだったろう。

あれ?

思い出せない。


誰もが経験したであろう中学3年生、そう0歳から中学2年生までの人を除いて。

中学3年生といえば、日本に住んでいる迎える人なら誰もが迎える高校受験。

そんなタイミングで家族の引越しが決まってしまったのです。

僕は当時中学3年生、思春期真っ盛りでした。

クラスには好きな女子が、まだ告白すらしていないのに。。。


当時の僕はアマチュア無線部というアンダーグラウンドな世界の部長から会長へと上り詰め(15歳にして会長職!)、

部活では主にゲームを作り、家に帰ってもゲームを作るという今でいうComputer geekな中学生。


幸いなことに、引越し先は同じ横浜市内に決まった。僕はその頃、引越しをした場合は必ず転校しなければならないと思い込んでいたのだが実はそうではなかったらしい。

そこで、僕はとりあえずバスで1時間通学をすることにした。


ところで週に3回の塾があり、それは通う中学校の隣駅になっている。

これはよく設計しないと効率が悪い。

当時の僕はおそらくコンピューターをフルに駆使していたせいか、極めて効率を重視する傾向があった。

(効率が悪いという理由で家族が高校受験祈願に湯島に行こうと言うのを頭から断るくらいには、そして神仏や迷信を信じない。僕の考えはなかなか家族には理解されなかった)


さて、朝8:30には学校へ着かなければならない。そのためには最低限7:10分のバスに乗る必要がある。というように毎日の計画すべてを逆算から算出することになる。

授業が終わると部活があるが部活は18:00までである。この時間はプログラムを組む時間なので削りたくない。塾は19:00からのスタートであるこの間1時間ある。

通学していた中学校の徒歩30秒のところに祖父母に家があり、そこで18:30までに夕食を済ませれば19:00の塾には間に合う計算になる。そして塾が終わり家に帰ればいいわけだ。

作成されたスケジュールは以下のようになった。

------

 7:00 起床からバスへ(途中でのバス乗り換えあり)

 8:00 8:25学校到着

 9:00 授業

14:00 部活

18:00 祖父母の家で夕食 18:27バスへ

19:00 塾

21:00 塾終了 21:30または22:06のバスへ

22:00 

23:00 帰宅、24:00までに入浴

24:00 プログラミング

 4:00 就寝

みんなの読んで良かった!