離婚   ①

1 / 3 ページ

 結婚当時、俺は元妻を恨んだ時期もあった。何故か?


優しくしてくれないからだ。


例えばこう。


K
ねこねこ君?昨日トイレの電気つけっぱなしだったわよ?
ああ、ごめんごめん。気をつけるね。

それを怒りながら言う元妻。


それが、ずっと七年間言われっぱなしだった。


直せばいいのに??


とそう言われるかもしれない。


でも発達障害も持っていた俺は、出来ないのだ。やろうとは思った。


でもできなかった。直ぐに忘れてしまうのだ。簡単な事ができないのだ。勉強なら出来たが、一般の健常者とは違うと言う事に、少しは気を付けて物事を言って欲しかった。


それは俺の甘えだろうか?


リハビリの先生をやっていた彼女は、医学の基本的な知識は持っていたはずだ。もう少し夫を知ろうとしてくれても良かったと思った。


だが、厳しい言葉は日々追うごとに増していくばかり。


俺の親の教育がなっていなかったから、だとまで言われて、大喧嘩になった事もあった。


その時は皿が飛んできた。かなりの数の。(涙)


俺は決して暴力は振るわなかった。チーマーのリーダーをやってた俺も、元妻kにはほとほと困った。


これは逆DVのような気もするが、そこはほれ?みっともないでしょう?言うのが。逆DVとか。。。。(笑)


ある時、こんな会話があった。


K
ねこねこ君?箸の持ち方注意された事なかったの?絶対におかしいよ?
そう?一回も言われた事ないけど。。。
K
いいや、絶対におかしい。私が直してあげる。ふふふ。良いもん買って来たんだ。じゃじゃ~~~~ん
何その怪しいリング付きの箸!
K
好いから良いから、これで一ヶ月間位訓練すれば、大体直るらしいから。やってみてん?
ええ、嫌だなあ。
K
何言ってるの?貴方が会社の集まりとかで、箸を持つときもあるでしょう?みっともないから言ってあげてるの!
はあ。んじゃあ、やってみるよ。。。(面倒くさい事になったなあ)
K
よしよし。がんばれ~~~!

普通の夫婦の会話のように聞こえるが、相手は俺の三つ下。俺は完全にがき扱い。と言うか幼児以下扱いだ。


こんな事もそうだったが、元妻の顔は怒りまくってるように見える。不思議と、これはもう夫婦扱いして良い夫婦関係ではないな。そうも思っていた。


でも好きであった。だから関係は保たれていた。愛する女はただ一人。Kだけであった。



決して心は離れてはいなかった。元妻の心がどうであったかは分からない。元妻が最終的に離婚届にサインしてと言ってきた事からも、実は昔から夫婦関係は破綻していたのかもしれないと思ったが。

みんなの読んで良かった!