5歳で両親の離婚を経験して心に傷を負った僕が音信不通だった母と18年ぶりに再会して気付いた親子に必要なたった1つのこと

1 / 5 ページ

どっちについていきたい?



突然の質問に5歳の僕は答えられませんでした。


僕の記憶の中ではどこかの家の一室にママとパパとお姉ちゃんと僕がいて、詳しい経緯はわからないけど、悲しいことが起きているということは感じていました。


字幕の付いてない洋画を見てもどんなシーンかわかりますよね?あんな感覚です。


僕は質問への答えが今後の人生を決める答えになるのだとなんとなく直感していました。


ですが、ママかパパのどちらかを選ぶなんてできません。


5歳の僕
ふたりともいっしょにいてほしい。


それが5歳の僕の答えです。


でもそれはできません。


なんで?理由もわかりません。


どうすればいいのかわかりません。

なみだがでてきます。

2つ上のお姉ちゃんも泣いています。


…そして僕は決断します。


5歳の僕
パパといっしょにいる。


理由はわかりません。姉曰く、僕がそう言ったから私もそうしたとのこと。

僕もよく覚えてません。思い出せるのは悲しい感覚だけです。


5歳の時に両親が離婚して父親に引き取られた僕と姉は、父と祖母と4人で暮らしていました。


父と祖母が営む喫茶店と自宅が一体になっていましたが、喫茶店が開店しているときは入りにくかったので、2階の部屋でゲームばかりしていました。


母がいない生活が普通になって、家事は祖母がしてくれていたので祖母が母親のような感覚でした。それでいいと思っていました。


小学3年生の時に喫茶店を閉めることになり、喫茶店のある家からそれほど遠くない所に引っ越しました。

通う小学校が変わりましたがそれも中学に上がると、田舎で学区が広いため前の小学校の友達と一緒になれました。


授業参観や友達の家に遊びに行った時に友達のお母さんを見て少し羨ましい気持ちになるときもありましたが、母が恋しくなることはありませんでした。

みんなの読んで良かった!