ちょろい母性と深い母性

日本にはあんまり、ほんとの父性がない。

「個であること」、とか「厳しさ」とか。


軽い分析、合理性という

ちょろい父性になっている。


だから

母性もちょろくなっている。


「つながり」、「包みこむ」が

「呑み込む」になってしまっている。


自分と他を個どうしとして

つながりをもったり包みこんだりするのではなくて、

べったりと自他の区別なく

呑み込んでしまう。


これはお母さんもお父さんもそう。


だからけっこう子どもはつらい。

何がつらいのかわからないままつらい。


お母さんが不幸なのは自分のせいかと思ったり

お父さんが不幸なのは自分のせいかと思ったりする。


ちがうよ。


彼らの不幸は彼らの不幸。


ほんとの父性をもって

母性をもつと

深い母性になる。


自分らしく生きるコラムブログはこちら↓

http://ameblo.jp/bijindo-anti-aging/

みんなの読んで良かった!