結婚したいキャリア女性に、改めて見直すのをおすすめしたいポイントは。。。。

あなたはもう既に充分磨かれている。

キャリア女性の殆どはとても勤勉だと思います。

おそらく長らく続く不況をもくぐり抜け、自分の足で経済的に自立しているのなら、そこそこの要領も良いのではないでしょうか。

勤勉さんで要領が良いのであれば、社会的に自分の価値を上げる事をやるのは、そんなに苦ではないでしょう。

おまけにルックスも皆様きちんと綺麗にされている。

また、恋愛に奥手なのかと思いきや、恋もちゃんとしてるうような気がします。


ハッキリ言ってこれ以上何を頑張れというのでしょうか。



拙いながらも婚活をしていた時、私もどうしたら良いか途方に暮れて、婚活ハウツーみたいなのを立ち読みしました。

購入しなかったのは、読んだ内容に腹が立ったのと、こんな事できないな、と思ったからです。

勤勉な方は、購入して実践されたかもしれないですね。

でも、私としてはもう皆様は充分過ぎるほど充分磨かれているのだと思います。

むしろ磨かれ過ぎて、同年代男性ではライバルみたいな感じになっている気もします。。。。

あと絶対やっちゃダメだと私が感じているのが、今よりさらに性格的にいい人になる事です。


結婚しているキャリア女性

私の婚活話は少し稀だったのかな。

と思い、あまり参考にはならないかもしれないと考え、周囲の結婚しているキャリア女性はどんな人とどのような経緯を経てそうなったのか、もう一度見てみる事にしました。

彼女達はすこぶる頭もキレ、英語はネイティブレベル、年収も1千万以上、容姿も綺麗で、しかもコミュニケーションも上手

みんな条件は似てるようですが、結婚している人としていない人がいます。

その違いは何か?

実は、常識的できちっとしている人ほど結婚していない気がします。


じゃ、結婚している人はどうなのか、というと世間の常識は一応あれど、最終的には自らの衝動で動ける人なのです。


「チャレンジャーだな」と言いたくなるようなパートナー達

私はよく恋愛相談を受ける事が多かったのですが、その内容は頭のかったい私からすると、「おうっ」と言いたくなるようなものばかりでした。

「まだ若く結婚も考えてなさそうな人と付き合う」とか「チャレンジャー過ぎて将来の安定は見込めそうもない人」「トラブルのリスクの高そうな人と付き合う」などなど

世間常識では、そのような人と付き合っている人ほど結婚は難しくなると言われている気がしますが、実際私の周囲はそういう人ほど結婚が早かったのです。


では、結婚という目的を達成するために彼女達のようになれそうか?

というと私には無理そうでした。

私自身は、男性関係では非常にリスクを恐れるタイプだったので、安定した関係性が望めない人は全部パスでした。


呼び覚まされたもの

私はスピリチュアルな世界にたまたま出会う機会があったのですが、自分と向き合う事で呼び覚まされたものがあります。

それは。。。。。

「本能」です。

そして、徐々に自分の中の本能的衝動に従って生きていった結果(というかそうならざらなく得なかった)、望む結婚をする事が出来のかなと今は思ってます。

そして、どんどん結婚していった彼女達も、あえてチャレンジャーな人を選びたかったわけではなく、結局この「本能」に従っていたのかもしれないと、

(ちなみに当時かなりハイリスク案件に見えた彼女達のパートナーはみんな立派になりました。)


なので、私が結婚したいキャリア女性に見直す事をおすすめしたいのは、この「本能」なのです。


では、具体的に自分の動物的感みたいな本能を研ぎ澄ませるにはどうしたらいいか、それを次回書いてみたいと思います。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。