最近不思議なことが良く起こる 第2回

あの日は秋も深まって雪虫が舞う頃だった。
そろそろ雪が来るなぁ…
なぁんて…
いつもはカメムシ君が避難してくる。
そんなことはよくあることだから
別に驚かないのだが…
玄関のドアを開けると
何かが髪の毛に触れた気がした。

蜘蛛かな…
糸の行き先をたどる
視線をさげると
おぉ 蓑虫ちゃん♪
玄関中央に2匹も
開いたドアから吹き込む
風に揺れるみの○○た
間違った蓑虫
18年にして、初めての経験だった。


著者の井上 無央さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。