攻撃的な人の正体

罪悪感は、人を攻撃的にさせる。

攻撃が自分に向けば、いつもおどおどしているおとなしい人になるし、

他人に向けば、人を責める攻撃的な人になる。


罪悪感があると、自分を好きになれないし、楽しめないんだろうな。

その罪悪感はどこからくるのかといえば、

たいていは、子どもの頃の両親とのドラマが発端のような気がする。


お父さんにとっていい子でいなくちゃならない。

とか

お母さんにとっていい子でいなくちゃならない。

とか。


あるいは、家の中で評価を得られないから

外で評価を得るためにいい子でいなくちゃならない。


「いい子でいたい」が

大人になって

「いい人でいたい」になる。


そうすると他人の目ばかり気にして

自分の気持ち、感覚がおろそかになる。


自分の気持ち、感覚にいつも目を向けて

いい気持ち

いやな気持ち

と細かく味わっていく。


なるべくご機嫌にすごすようにもっていく。

「楽しいです」「幸せです」ってごまかすんじゃなく。


そのためには面倒なこともしないといけないけれど

自分をなるべくご機嫌にさせるのは

自分の責任だなと思う。


自分らしく生きるためのコラムブログはこちら↓
http://ameblo.jp/bijindo-anti-aging/

著者の山崎 理恵みりえさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。