俺の親友だった「ようすけ」と怪しい探偵のバイトとようすけと俺の夢。

1 / 3 ページ

 はるか昔。大学時代にようすけと言う友人と知り合った。ようすけとは大学の語学の再履修の授業で知り合った。


後ろから見たら、女かな?と見間違える位の、ロン毛。スパイラルパーマ。そのようすけに何故か声をかけてみたくなったのだ。


俺は大学一年の時に学校も行かずに、図書館で本を読むか、ヨットに乗る日々を送っていた。ヨット部に、半ば強制的に勧誘され入学式と言うものに顔を出さなかった俺は、勿論大学の授業で使う教科書を持って居なかった。と言うよりは買う機会を失ってしまっていた。


先輩たち曰く、「大丈夫。俺たちの過去問がある。過去問さえやれば満点取れる大学だから」


そんな話を聞いていたので純粋無垢だった俺は、本当かどうかなども疑わずに、信じ込んでしまい、取り合えず、マジかよ?そんなもん?大学って!って思っていた。


まあ、受験のときも思ったのだが、過去問五年分やってれば、大体受かるんじゃないかなと言う程度の大学に、ランクを落としていった俺。理由は一つ。ストーカーやってやると言う事(笑)。


昔はそう思っていなかったが、今考えたら、完全にストーカーだった。俺は(笑)


笑い話に出来るのは、その後俺にも彼女が出来たり、結婚したり子供を授かったり、離婚したりと、色々と忙しい出来事があったからなんだが、今ではマジで笑い話。


同じ最寄り駅の大学に入ったんだから彼女は怖かったかもしれないな。相当。


今じゃあストーカーが殺人レベルまで行く時代だから、怖いんだが、当事はそんな概念も無く、ストーカー被害なんていうのも聞かなかった時代。


んで、何で、再履修なの????と言うことに皆さんもお気づきだと思う。


過去問さえやれば満点なんだよ。


俺は船酔いが凄かった。だから二ヶ月位で辞めてしまったんだ、ヨット部を。そうしたら今まで優しかった先輩たちも勿論だが、友人知人も誰も居ない、始まってから二ヵ月後の大学に転入したような感じだった(涙)。


もう、何が何やら分からなかったけどね。その時辺りから人生はおかしくなってるんだけど。高校時代もおかしかったから、まあ二回目のハブ状態(笑)。


その再履修って言うのは、一年の時に単位を落とした人達が受ける授業。


俺は二年に人生をかけた。(笑)だって賭けに出なきゃ退学もんだよマジで。まあその二年後に中退したから、あんまり変わったって訳じゃなかったんだけど、ゆうさく君って言う先輩と、ようすけだけは仲が良かった。


その再履修で一際目立ってたんだ。。洋介の頭が。くるっくるでロン毛で金髪。


俺は同じ匂いを感じた。(笑)


こいつもくそつまんねえ授業だなって思ってるアウトローだって一発で見抜いた俺は、ようすけに近づき、言った。


ねえねえ、お前なんでこの授業になった?
ようすけ
ああ、カンニングした事がばれて、全教科単位没収の刑だよ(笑)
カンニング?マジか?お前度胸あんな。
ようすけ
だって授業マジでつまんねえんだもん。お前は?
あ、俺ヨット部辞めて、先輩に過去問もらえんくなって、仕方なく再履修。
ようすけ
あ、俺ようすけつうんだ。お前は?
あ、俺ねこねこ。
ようすけ
お前、図書館で本読んでる奴だろ?
おう。よく知ってるな。
ようすけ
学校ちっちゃいからな。目立つんだよ、お前みたいな不良は。お前も金髪だしな。
ああ、これか。まあ俺のポリシーだな。金髪は。中一からずっと金髪。
ようすけ
俺は大学デビュー(笑)遅咲きの花。でもカンニングはずっと昔から。漢字もよく知らんし、作文の字は乱れてるから、先生は判読できんつって放り投げる始末。(笑)
お前、よく大学受験受かったな?
ようすけ
あ、俺頭は良いから現役で受かったもん。
ほほお。現役か。俺一浪。ってことはお前は俺の一つ下か。まあいいや。ところでお前この後、授業あんの?
ようすけ
いや、無いよ。この授業で帰るつもり。
んじゃあ、ちょっと珈琲飲みに行こう!
ようすけ
良いよ。(笑)

そうして駅前にある古ぼけた雑居ビルの二階にある、喫茶店に着いたようすけと俺。さて何から話すかなって思ってたら、本の話題になり、本の楽しさや、マクロ経済学の下らなさと、起業したいんだよねみたいな話でいきなりのレッドゾーン(笑)


ようすけ。凄い喋るんだなお前?
ようすけ
あ、俺天然。何にも考えないで、いきなり話し出すタイプ。気にせんで~。
いやあ、本の共通点と良い何から何まで、お前は俺と兄弟みたいに思うよ。あ、変な意味じゃなくって。(笑)
ようすけ
あ、それ俺も思った。お前、大学に来るタイプじゃないもんな。大体、中卒にいそうな感じ。
ひでえ。これでも頭は結構いいんだぜ?
ようすけ
んじゃあ、一つゲームをしよう。お前紙ある?
在るよ。ノートだけだけど。後図書館で借りた、このマーケティングの本。
ようすけ
そこに難しそうで、在りそうで無さそうな漢字の羅列の論文の名前を書いてみて。俺も今から書くから。そんで、どっちが多く面白そうな名前書けたか勝負!!!
なんじゃ、そりゃ?まあ、良いけど。
ようすけ
んじゃあ、きっかり一時間の勝負な!
オッケー!
ようすけ
今からスタート。

んで始まった、ようすけと俺の在りそうで無さそうな、よく分からない、論文っぽい名前考えゲームが始まった。

みんなの読んで良かった!