第百二十二章 愛されて生まれてきたはずなのに

第百二十二章

「愛されて生まれてきたはずなのに」

誰だって、誰かと誰かが愛し合って生まれたはず。そして、生まれた時はまっさらで、真っ白のまま生まれてくる。なのに、どうして犯罪者やテロリストに育っていくのだろう。中学生や高校生を見ると、10年後にごうなるのかおよそ予想がつくようになった。

これも、30年の指導経験の賜物だろう。

つまり、13歳になることまでに

「この子は素晴らしい。おそらく医者にでもなって多くの人を救うだろう」

 という子もいれば、

「この子は間違いなく暴力団かヤクザになって人殺しもやりかねない」

 という子もいるわけだ。

 もちろん、人間は複雑怪奇なので

「なんで、あの子が」

 とか

「まったく普通の子でした」

 という凶悪犯も、たまにはいる。

 どこで間違うのか。遺伝か、教育かという二分法で長く語られてきたが両方の影響であることがハッキリしている。同じ遺伝子をもった一卵性双生児でも環境によって違って育つ。同じ家庭環境から違った子が育つ。

 矯正だ、更正だと言っても再犯率が40%という統計を見せられると

「やはり、遺伝か」

 とか

「成人してからの矯正は、ほとんどムリ」

 と思う人が多いのも当然だ。

 だとすると、学校や塾が中学レベル、高校段階で選抜をしたがるのは当然のことだ。もちろん、排除された子にも愛する保護者がついているのでモンスターに化するのはムリもない。

しかし、周囲の子にとって迷惑であり犠牲者が出る可能性があると排除せざるをえない。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。