ちっちゃいころは


10月17日、私は生まれました。名前は父が命名。小さい頃は人見知りで、小学校の朝の会でスピーチをするときはいつも赤面していました。友達も狭く深くで、いつも決まった子と遊んでいました。


幼稚園年長の時、初恋の男の子ができます。両想いだったので、お泊り保育では一緒に眠ったりしました(今思えばませていた…)。その男の子はモテモテだったのでライバルが出現したり、なかなか少女マンガのような日々を送っていました。


一番印象に残っているのはバレンタインです。幼稚園では、各自、誰かに一つだけチョコをあげることができるイベントがあったのですが、その子は案の定女の子たちからたくさんチョコをもらっていました。「誰にチョコを返すのかなあ」と思っていたら私のところにやってきてチョコをぽん、と恥ずかしそうに置きました。びっくりしてお礼も言い損ねたのですが、嬉しかったのを覚えています。


小学校に上がってからも両思いでしたが、結局小2で自然消滅してしまいました(笑)








みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。