器が大きくなると、つまらない

今年1月10日(土)のテレビ

「SWITCHインタビュー達人達

朝井リョウさん(25)

  直木賞作家

 『桐島、部活やめるってよ』など

      ×

東出昌大さん(26)

   俳優

 「ごちそうさん」杏さんの夫役  」 

.

朝井リョウさんの小説は、デビュー作

『桐島、部活やめるってよ』を下の子が買ったので

読んだ。

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)/集英社

6歳から書いているというからすごい。

かなりませている。

小説を書くために生まれてきたのかな、という感じ。

小学生くらいの時から客観的に自分(と周り)を観察している。

.

「日本って共感文化」

「(行動の)きっかけの部分に、人って共感する」

だから、そこをしっかり書くそうだ。

.

『スペードの3』では、女性同士の悪意や嫉妬、

プライド、コンプレックスをどろどろに描く。

スペードの3/講談社

朝井リョウさんはいう。

「人間って、器が大きくなると、いろんなことが許せてしまう。

器が大きいってつまり、思考止まること。

それにならないために、どうするかっていうと

書くことになる。


書いていると、すごく小さなことが気になる。

小さいことを気にしながら書いていくと、器が大きくならないで済む」


これは、わかる。

器が大きくなったり、悟ったふうになってくると、なんかなんでもよくなってくる。

「まあ、いいじゃない」という感じ。

.

周りとなじむし、周りを受け入れるし、

同調圧力の強い日本にいてとても生きやすくなる。

.

でもそれって、つまらない。

それは、生きていることだろうか、と思うのだ。

.

東出さんは、しゃべり方とかちょっと松潤に似ている。

.

それにしても、朝井さん、25歳。長男より3つ上なだけだ。

若~い。


自分を生きるためのコラムブログ↓

http://ameblo.jp/bijindo-anti-aging/

著者の山崎 理恵みりえさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。