聖なる夜に埼玉から新宿まで4時間も自転車をこいだ話

1 / 6 ページ

メソークソスマス!!(やけくそ)


私のクリスマスはいつも仕事でした。

浮かれた雰囲気に負けないようにひたすら仕事をして、

「あえて働いているんだぞおら」的なスタンスを取り続けていました。

なのでわたしにとってクリスマスは大げさに忙しいアピールする日だったりします。


そんなクリスマスの思い出が皆無のわたしが、一度だけ行った大イベントがありました。

その頃の話です。



----------



クリスマスとは特定の日ではなく、

心のあり方のこと。

                -メアリー エレン チェイスー



時間はあるけどお金は無い。

10代の私にとって唯一の楽しみはラジオと自転車だった。

なけなしのバイト代で購入した2万円のビーチクルーザーがお気に入りだった。


ビーチクルーザー?なにそれ。ビーチク??あらやだ卑猥////。

なんて思っている人に説明するとゴツめの自転車だ。


注文したときそのビーチクルーザーは未完成の状態家に届いた。

といっても前輪のタイヤとハンドル、サドルの部分を組み立てるという簡単なもの。


私は初めて自転車を組んだという達成感と、

あまり見かけない美しいフォルムから自転車にハマってしまった。

移動手段はもちろん、ただうっとり眺めてたりしていた。


そんな12月のクリスマスが近くなった頃、

女友達から25日にみんなでご飯食べない?とお誘いがあった。

その友達はカップルで来る人もいるからと気を使ってくれたが(もちろん一人参加)、

クリスマスパーリーピーポーパーポー体験はしてみたいと参加することにした。


友達
家どこだっけ?埼玉?
場所は新宿なんだけど電車で来るでしょ?
わたし
いつも電車だけど自転車で行ってみようかなッ!


テンションが高くなってしまい思わず自転車!と口走ってしまった。


みんなの読んで良かった!