フェンスの外の高校野球~実る努力の3つの条件~

1 / 7 ページ

日本の夏の風物詩、高校野球。

毎年夏になると球場には球児たちのプレーを一目見ようと人が集まる。

決勝大会の甲子園は全国放送され、球場だけでなくテレビの前にも人が集まる。

大会期間中は特番が組まれ、球児たちの裏側やプレーに込めた思いが語られる。

しかし、気持ちの強さは勝負には関係ない。

結果を決める要素は別のところにある。それが現実だ。

それを意識しない我武者羅な努力は、結果にも結び付かない。

これは、僕が我武者羅な球児だった時の話。





野球を始めたのは小4の頃でした。

友達に誘われて地元の軟式野球のスポーツ少年団に入団しました。

その頃の僕はいわゆる、おデブで足も遅くて運動神経はお世辞にもいいとは言えませんでした。

しかし、体を動かすのは好きで野球もすぐ好きになりました。

小6になるとそれなりに野球もできるようになりましたが、それでもおデブが必死にプレーしている程度。本人が思っているほど体は動いていません。

レギュラーにはなれませんでしたが、しっかりしていたキャラクターだったからなのか背番号0で副キャプテンという特殊な立ち位置をもらいました。

もちろん副キャプテン翼といじられましたが悪い気はしないですね。




中学に上がり軟式野球部に入部します。

練習はそこそこに、試合では代打で出るような選手でした。

守備は下手でしたが、打撃をかわれて背番号は11。最後の試合では代打で出て僕のヒットを皮切りにチームに勢いがついたりすることもありました。

その時のヒットの感触と嬉しさをまた味わいたいと思い、高校でも野球を続けることを決意しました。




高校を選ぶ時、僕は弱い高校でチームを引っ張れる選手になりたいと思っていたのですが、

そのことを父に話すと

それは強い高校に行った方がええよ。

と言われたので「そんなもんなのかな」と思い、県内で甲子園にも出場している強豪高に入学することにしました。




勉強は普通ぐらいだったので入試も苦労せず通り、野球部に入部しました。

しかし流石強豪校。僕を含めて23人の1年生が入部しました。

恐らくその中でも一番下手だったのが僕でした。

入部してすぐは体力をつけるためにランニングが主な練習でした。

僕は、これからは体力がいるから今のうちに全力で練習しておけば早く体力がついて後々練習がしやすくなるだろうと思ったので、ランニングも真面目に取り組みました。


みんなの読んで良かった!