第百二十八章 京大に特化した受験指導なんて、儲かるの?(2)

1 / 2 ページ

第百二十八章

「京大に特化した受験指導なんて、儲かるの?」(2)

  儲けるためにはいくつか条件をクリアしないといけない。

  まずは、大きなマーケットであることが前提だ。塾を始めた時に、私の生まれた故郷は最低だと分かった。全国学力テストで最低の地区で、過疎地。これでは、進学塾など成立しても小さなビジネスにしかならない。どんな受験指導のテクニックも役に立たない。

  To make money, we have to go through a lot.  First of all, we need a big market.  Here is Mie prefecture and people are not enthusiastic about studying and suffers from depopulation.  This means we cannot make our school big.  Even if we can be good teachers, people are not interested in it.

ジャッキー・チェンと「TVジョッキー」で共演しました。

  

(7000回再生)https://youtu.be/sMdPLgzTjeQ   

  それで、大きな都市というと名古屋なので昼間は名古屋の大規模予備校や塾に講師として働きに行っていた時期がある。しかし、自分でやらないと意味はない。しかし、河合塾や駿台なんて何代もかけて大きくするわけだから私自身が始めてもメリットがない。

  So I went to the nearest big city Nagoya to work as a teacher at a big school.  However so long as I’m employed, my income is small.  We have to have our own business if we want to be rich.  It is impossible for me to make a big school in my life.  It is too short.

 

アメリカの中学校で教師をしていました。

   
26歳、無職、貯金なし、彼女なし、資格なし、何にもなしだった(2000回再生)

https://youtu.be/QnX-TLdhqnw

  

  もう1つのアイディアは個人ビジネス。大きな組織ではなくて、俳優や歌手や野球選手のような個人でビッグになる方法。そこで、考えたのがネットが普及していたので「通信添削」。これなら、三重県の過疎地に住んでいてもマーケットは日本全体にできる。

  I have another idea.  Not to make a big school but to be a famous man like a well-known actor or a singer.  Then the Internet spread all over Japan.  I started a correspondent course because my market could be Japan or even the world living in the country.

 

「FM三重」でラジオ英会話を担当しました。

 

 

  ただし、「Z会」や「進研ゼミ」のような大手があるわけだから、対抗するにはそれなりの作戦が必要なわけだ。どうせやるなら、日本一がいい。つまり、東大か京大。それで、英語の過去問を調べてみた。

  すると、東大はリスニング、文法、長文、英作文といったよくあるタイプ。ところが、京大の方は和訳と英作文という極めて珍しいタイプだった。

  We had a big company which had a correspondent course.  To survive, I have to use some strategy.  No.1 is needed.  This means 東大 or 京大.  So I checked the past entrance exams to those universities.   東大‘is the one like other universities’  On the other hand 京大’ is quite different.  Translation from Japanese to English and vice versa.

 

この本の中で紹介されました。

   

 

英検1級、 通訳ガイド、 国連英検A級

    

39通の「不合格通知」と「合格通知」(2000回以上再生) https://youtu.be/AoV2OKrQLLk   

 

  和訳も英作文も客観テストではないので、添削が絶対条件になる。

「これは、いける!Z会に勝てる」

  と確信した。なぜなら、名古屋の大規模塾で分かったのだが、英検1級を持った講師も京大卒の講師にも会ったことがなかったのだ。Z会であっても、そんな講師を大量に抱えるのは不可能だと分かっていた。  

 

  To prepare for the entrance exam to the University of Kyoto, examinees must ask someone who check their answer sheets.  If possible, the checker must be a person whose English must be good enough to be able to pass the test.  I know the teachers who are working for big prep schools are not such people as examinees expect.

 

「飛び出せ!青春」の村野武範さんとツーショット。

 

  それで、私はアメリカでの教師経験のうえに、英検1級、通訳ガイドの国家試験、国連英検A級合格。さらに、ライバルになるであろうZ会の「京大即応」を8年間やり徹底的に研究した。

  もちろん、河合、駿台の「京大模試」も10回受けて研究し、センター試験を10回、京大二次を7回受けて研究し尽くした。

  So having passed the 1st grade of STEP test and the national English test to be a tour guide, I used Z会 and took the preparation test held by 河合、駿台 10 times.  Then I took the entrance exam to the University of Kyoto 7 times to check how to get a good score in it.

みんなの読んで良かった!