ネパール九死に一生スペシャル!う○ことトイレとヒマラヤと。

1 / 2 ページ

お食事中の方、失礼致します。


単刀直入にお尋ねします。


突然ですが、う○こ漏らしたことありますか?



急に何を言い出すんだと思われたかもしれませんが、僕の自慢をしたかったのです。


他人に誇れる僕の唯一の自慢ですが、僕はここ10年くらいう○こ漏らしてません。こういうと、大抵の人は羨望の眼差しで僕を見てきます。そりゃそうでしょう。10年もの間う○こを漏らしていないのは僕か長澤まさみくらいのもんです。


そんな僕がネパールにて経験した九死に一生スペシャル、もとい「うんこ漏ら史」について詳しくお話させていただきたいと思います。


はじめに断っておきますが、お食事中の方とピュアな心を持った女性、花輪くんキャラの貴公子男性はこの記事を読んでも得られるものは何一つありませんので、戻るボタンをクリックすることをオススメいたします。


それ以外の方のみ、僕のう○この世界へご招待いたします。ようこそ。


調子に乗ったカトマンズ


家族でカトマンズに行きました。


カトマンズって楽しいですよね。


カトマンズに旅をされた方はご存知のように、バックパッカーの聖地でもありますし、なんとはなく心が踊る街です。人もピリピリしていないので、旅人が落ち着く雰囲気があります。


多くのバックパッカーと同様、僕もカトマンズの独特の雰囲気に気を良くし、このトリップを楽しんでいました。




カトマンズに着いた2日目の夜にそれは襲ってきました。


ステイ先の部屋でコーヒーを飲んでいた時、どうも催してきた気がします。


「あれ?なんかちょっとお腹痛いかも」と思ってトイレに行きました。特に何も出ません。


「気のせいか。あぶねえ。」と思い部屋に帰って数十分後、強烈な痛みが。




そこからはもう地獄でした。


ほぼ同時刻にお腹を壊した弟と、トイレを取り合います。お腹の中に何もないハズなのに容赦なく襲ってくる腹痛。ご丁寧に波があり、陣痛ってこんな感じなんかなと思いながら廃人となっていく自分。


う○ことお友達。


夜もうつらうつらする間もなく強烈な腹痛にうなされ、ほぼ寝ずに明かしました。げっそりとした弟を見ると、彼の方が深刻そうです。う○こ兄弟。


その日、僕らはステイ先で、トイレとベッドを往復する人生を過ごし、う○ことの友情を深める。何も食べれない。でもお腹痛い。




ここでさらなる問題が。


毎回トイレットペーパーを使っていたのですが、次第に触れるのも痛くなるおしり。一日に何回も拭くものではありませんので、突然の人気っぷりにおしりが恥ずかしがったのでしょうか。


でも拭かないわけにもいかないと、トイレの恥に端にふと目をやると見慣れないものが。


ネパールのトイレはこんな感じで、トイレットペーパーなんてものはなく、バケツに入った水と手桶があるのみで、いわゆるセルフウォシュレットなんですね。





はい。ピンときました。


ネパールではお腹壊す人が多いので、こういうスタイルなんですね。国民全員う○こ友達でしたか。安心した僕は、ネパールう○こ同好会に入会しセルフウォシュレットで洗うことにしました。




これ、さ・い・こ・う。




おかげで、おしりの痛みがかなり軽減されました。さすが「漏ラシリスト」が多いと知恵がつくものですね。


ウォシュレットに感動したものの、一向に収まる気配のない腹痛。これはまず間違いなく食中毒でしょう。




弟と食べたものはほぼ同じですので、食べたものを思い出してみることに。


容疑者1:麺


まず、麺のお店。チャオメンだっけ。店員のあいつ手ぇ洗ってなかったんちゃうんか。





容疑者2も麺


こういうのも食べたなあ。辛かったし、香辛料がやばかったんちゃうんか。




容疑者3:ラッシー


朝のカフェで飲んだラッシー。あれ生だったよなあ。いやでもちゃんとしたカフェやったけど?




容疑者4:訳わからん奴


いや、待てよ。


弟が道端で買食いした、訳わからん焼き餅みたいなやつ。僕はヤバイと思ったんですが、弟が旨そうにバクバク食うので、食欲に負けてもらったやつ。あれが怪しい!


これや。


間違いない。


大仏みたいな顔したおばさんが作ってた訳わからん奴がどう考えても怪しい。


道に面した店なんですが、あの道が汚すぎた。牛や犬の糞がいたるところにあり、乾燥して舞い上がるというカオスな通り。簡単に言うと、牛の乾燥う○こ粉末を振りかけた食べ物ですね。あれや。あれに違いない。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。