名古屋大学ラブ・ストーリー(3)三角関係の予感

「名古屋大学ラブ・ストーリー(3) 三角関係の予感」


  貴子はどういうつもりだったのだろう。健二と一緒にバスで帰ることが続くうちに、ある日

「あまり遠くないから今日は歩いて帰りませんか?」

 と、健二に言った。健二は、ためらいながらも

「いいですよ」

 と言った。帰り道にあった松坂屋ストアによって買い物をしたりしながら下宿の方へ向かった。

「私の彼氏はキューピーより、こっちのマヨネーズが好きなんですよ」

 と言われたときは、なぜか不愉快だった。

 

  It was difficult for Kenji to understand Takako.  One day she said

 “It’s not so far, why don’t we walk to our house.”

   Kenji was agreed and they started to walk.  They went into a store to buy some foods.  When Takako said

 “My boyfriend don‘t like this mayonnaise”,

   Kenji was unpleased.

 

 そんな夏の暑い日、貴子は健二に

「暑いから、そこの喫茶店でアイスコーヒーでも飲んでいかない」

 と誘われた。健二も暑かったので一緒に喫茶店に入り、大学でのこと、将来のことなどをいろいろ話した。

 

   One summer hot day, Takako said,

 “It is so hot.  Why don’t we go to a coffee shop?”

   They enjoyed an iced coffee and talked about the present life and the future life.

 

 ある日、お互い生活費が大変で、特に食費がかさむ話をしている時に

「じゃ、今晩は夕食を作ってあげようか。外食より安くすむよ」

 と、貴子が提案した。貧乏学生だった健二は

「それは助かるけど」

 と言った。

「二人分を作ると、一人分が安くなるもんね。1人分は払ってね」

 

   It was expensive to live in a big city like Nagoya.  They are not rich.  Then Takako said,

  “We need much money to eat out.  I can cook by myself.  Do you want to eat dinner with me?”

 “That helps me a lot.”

   Kenji said.

 

 食事を作ってもらいながら、健二は疑念が湧いてきた。

「なんか、親しくなってきたのは嬉しいけど、彼氏がいるんだよな」

  彼女のアパートの近くに行った時に、寄ってみたら

「あ、ごめんなさい。今日はちょっとダメなの」

  と言われたことが気になっていた。あの時、奥の方に人の気配がしたのだ。

 

 Eating dinner, Kenji said to himself in his mind.

 “But she has a boyfriend.”

  The other day when he visited Takako‘s house,she said

 “I‘m sorry but I have a guest today.”

 





(1) 高木教育センタ-HP(My school's home page)  http://homepage2.nifty.com/takagi-kyoiku/
(2)フェイス・ブック(My facebook page)  http://www.facebook.com/profile.php?id=100002507170434

(3) 人気の記事はこちらからどうぞ(My old story)  http://storys.jp/100002507170434

著者のキョウダイ セブンさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。