名古屋大学ラブ・ストーリー(終)貴子のオナラ

「名古屋大学ラブ・ストーリー(終) 貴子のオナラ」

  今、思うと貴子は確かにおかしなところがあった。彼女は、健二にとって唯一の

「自分の前でオナラをもらした若い女性」

  なのだ。

 

  Takako was sometimes funny.  She was the only young girl who brokewind in front of Kenji. 

 

  いつものように夕食を作ってくれたある日のことだった。彼女の腰のあたりから

「ピ」

  という小さな音がした。健二は驚いて

「今のなに?まさか」

「あ、クサイ!たかこ!」

「ダメ、ダメ、そんなこと言っちゃ!」

  健二は、貴子とどんな関係にあったのだろう。文字通り、お互いをさらけ出し、笑い、ケンカをし、傷つけあった。

 

  One day Takako was making supper in her apartment house, where Kenji was.  At that time, Kenji heard some strange sound.

  “What was it?”

  “Wow. Stinks. Takako! Youmade it.”

   “No. You can’t say it.”

   What kind of relationship was it? They were open and frank to each other. They laughed together and fought sometimes.

 

 健二は、もう二度とあんな関わり方を、誰にもできないと思う。上司のご令嬢と、あんな関係が築けるとは思えない。優等生だった健二は、修羅場から逃げた。そして、秩序の中に平和を求めた。

 

     Kenji feels he cannot have such a relationship with anybody in the future.  It is impossible to have such a relationship with the daughter of his boss.  Kenji, who used to be a good and smart boy,escaped from a bad love triangle and wanted peace.

 

  それは、正しい結論なのかもしれない。間違いなのかもしれない。分かっているのは、貴子はもうこの世にはいないこと。二度と、あの日は戻らないことだけだ。彼女を覚えているのはご両親と同級生くらいだろうか。

 

   It might be a right decision.  Might be awrong decision.  What he knew was Takako was not in this world.  Everything hasgone in the past.  Who remembers Takako?  Only her parents and classmates.

 

 彼女は、本当にこの世にいたのだろうか。卒業写真の貴子は笑っている。

 

     Was she really in this world?  Takako issmiling in the yearbook.

 

                                               終 

(1) 高木教育センタ-HP(My school'shome page)  http://homepage2.nifty.com/takagi-kyoiku/
(2)フェイス・ブック(My facebookpage)  http://www.facebook.com/profile.php?id=100002507170434

(3) 人気の記事はこちらからどうぞ(My old story)  http://storys.jp/100002507170434

 

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。