名古屋大学ラブ・ストーリー(終)貴子のオナラ

1 / 2 ページ

「名古屋大学ラブ・ストーリー(終) 貴子のオナラ」

  今、思うと貴子は確かにおかしなところがあった。彼女は、健二にとって唯一の

「自分の前でオナラをもらした若い女性」

  なのだ。

 

  Takako was sometimes funny.  She was the only young girl who brokewind in front of Kenji. 

 

  いつものように夕食を作ってくれたある日のことだった。彼女の腰のあたりから

「ピ」

  という小さな音がした。健二は驚いて

「今のなに?まさか」

「あ、クサイ!たかこ!」

「ダメ、ダメ、そんなこと言っちゃ!」

  健二は、貴子とどんな関係にあったのだろう。文字通り、お互いをさらけ出し、笑い、ケンカをし、傷つけあった。

 

  One day Takako was making supper in her apartment house, where Kenji was.  At that time, Kenji heard some strange sound.

  “What was it?”

  “Wow. Stinks. Takako! Youmade it.”

   “No. You can’t say it.”

   What kind of relationship was it? They were open and frank to each other. They laughed together and fought sometimes.

 

みんなの読んで良かった!