女優にインタービューで絶体絶命!?全ライター必見の最強テクニックとは?

1 / 4 ページ



女優へのインタビュー当日、目覚めたら愕然とした。一瞬で青ざめた。努力がムダになったと思った。



歴史的な大雨だったのだ。外で撮影なんて不可能。


電車は遅延していた。何時とまってもおかしくない。ゲリラ豪雨がずっと続いているような状態だ。最悪だった。



当時、僕はフリーランスのライターで独立して東京にきたばかりだった。上京してからおのぼりさん的な休日のすごしかたを何度かした頃、以前に勤務していた会社の社長さんから某女優へのインタビューの依頼がきた。


社長はライターのイロハを教えてくれた恩人で、いまでも尊敬している人物だ。大学の先輩でもありライターの大先輩でもある女性社長だ。編集プロダクション時代に出来損ないだった僕にいろんな経験をさせてくれた。世間知らずの生意気な男をたいせつな取材に同行させてくれた。女性だけの事務所で初の男性社員、初の新入社員だから特別サービスだったのだろう。


転職をしてから疎遠になったこともあったが、恩人からの仕事はうれしかった。しかも今回は全国的に知名度のたかい若手女優へのインタビューだ。地元・兵庫県で創刊する雑誌の第一回目の表紙だった。テレビや映画でも大人気で、インターネットではまとめページが乱立している。ネットニュースでネタにされることも多い。映画はアジアでも上映され、今では海外でも人気。ベテランの風格さえある芸能人である。僕は焦った。噂ではプロ意識がたかいらしい。批判的な記事もみつかった。


強面の社長をなんども取材してきたとはいえ、別次元の圧迫感を感じていた。


しかし失敗は許されない。仕事をまわしてくれた社長の顔を潰すわけにはいかない。最高の結果で恩返しするのだ!僕はつよく決意した。


休日はすべてロケハンをした。カメラマンの相性もチェックした。取材・インタビューの仕事とはいえ、読者は写真に注目する。最初は女優の顔、美しさ。テキストはその次だ。最重要ポイントは彼女の魅力をひきだすこと。ロケハンは野外撮影を想定してのリサーチだった。事前の準備がすべてを制する。自信につながる。それこそ大先輩の女性ライター社長から学んだことのひとつだった。



さらに僕はとっておきを仕込んでいた。徹底したイメージ戦略だ。かっこつけてお洒落な姿で取材をするのではない。ボクサーにはシャドウボクシングという練習がある。対戦相手の動きをなんどもイメージして、試合で理想の動きを再現できるようにするのだ。僕は普段から大切な仕事では、このノウハウを実践していた。



「自己プログラミング」



自分をイメージ通りに動かす方法。吃音症で挙動不審になりそうでも、極度の緊張で心身衰弱状態でも、プログラムを組んだロボットのごとく寸分違わぬ行動をする。普段なら決してできないことを、緊張をすることもなく実行するために編み出したとっておきの方法だった。


僕は自己プログラミングを徹底的に仕込んだ。目標は女優と握手をすること。第一声をスマートに伝えること。僕の役割は彼女の最高の笑顔を撮影してもらうこと。読者がよろこぶエピソードを引き出すこと。最高の聞き役になることだ。


自己プログラミングは強面の飲食店オーナー、外資系ホテルの外国人シェフにも握手することができた方法だ。面倒だし根気のいる地味なノウハウだ。しかし、絶対の自信があった。しかも、今回は女優の地元で発行される本である。取材の内容もわかりやすい。



正直なところ彼女の活躍はまったく知らなかった。なぜなら僕はテレビをみない。仕事に集中するためにテレビを断捨離したのだ。そんな時に舞い込んだ仕事である。パソコンがあれば情報はでてくるけど、出世作になったテレビドラマも映画もみていない。彼女が出演するテレビ番組・ドラマの宣伝が目的のインタビューだったら完全アウトだったかもしれない。


しかし、今回は彼女の地元・神戸。しかも僕もホームグラウドにしていた阪急沿線のローカルエリアが対象だ。こじんまりしたパン屋さんから商店街のコロッケ屋、JRの高架下から阪神電車までのルート、沿線にあるお好み焼き店まで知っている。



みんなの読んで良かった!