16歳、初海外で一人旅。フィリピンの語学学校ににいってきた話 【その1 留学するまで】

後編: 16歳、初海外で一人旅。フィリピンに行ってきた話 【その2 トラブる】


高校1年生の秋頃。高校2年生の夏からアメリカに一年間留学することが決まり、高校生活にも慣れ(飽き)、暇を持て余していた私。勉強という文字は頭の中にありませんでした。


ちなみにいまアメリカのテキサス州ヒューストンに留学中なのですが、日本で勉強しとけばよかったと死ぬほど後悔してます。

これから留学される皆さん。現地で勉強する方が効率いいしぃ〜、いや日本で勉強してもしょせん!!とか思ってる皆さん。


日本で勉強している人と、してない人ではスタートラインが違います。



まあある程度会話できるし〜

あっち(アメリカ)で生きた英語学べばいいしぃ〜


日本で余裕をかましていた自分を殴ってやりたい。


そうだ。フィリピンへいこう。


なんでフィリピンのことを思いついたのかは不明。たぶん青い空と物価の安さに惹かれたのでしょう。

多分ネットかなんかで見て、フィリピン安いしいいや〜んって。


まあ一人で

ちょ、フィリピン行ってくるわ(このとき16歳)とかオカンに言っても

はあ?頭がついにおかしくなったか! 

と言われるだけなので、そこは

フィリピンで語学学校に行ってくるということに。(アメリカ留学に備えて)


まあなんとも完璧な理由。しかも自分の貯金から費用をだすというではないか。

行く期間は1週間。学校の秋休みを利用するので出席もパス。


ということでなんとか両親を説得し、ついにフィリピン留学決行。


ちなみにその時まで海外に行ったことなし。

ちなみに両親の名誉のために言っておきますが、普通の親です。


フィリピン行きも最初は反対されました。


若いおなごが一人で!殺されるぞ!(おおげさ)

みたいな感じで。


でももう諦めたようです。

私はオカンから宇宙人と呼ばれています。 


今考えたら自分よく行ったなぁ〜って思います。笑


フィリピンに行くことになってから、ネットでフィリピンの治安などを調べてみると。


あ、危ないのね、、、


空港からタクシーに乗って、そのタクシーに人気のないところに連れていかれ身ぐるみ剥がされた!


とか、マジかよ。


日本みたいに財布落としても交番行けば返ってくる国でぬくぬくと育った自分。

しかも注意力満散。小学校の頃は忘れ物の女王と呼ばれていました。(自分やべえんじゃねえの)


後悔するも、時すでに遅し。


気づけば母と関空行きの新幹線に乗ってました。


御嶽山噴火


皆様このニュース覚えてらっしゃいますでしょうか。噴火したやつ。


ちょうど噴火の2、3日後にフィリピンに飛び立つ予定で、おおお、みたいな


悪いことの暗示か。


火山灰のせいで飛行機が遅延。(たぶんジェッ○スターの言い訳。その時定時に飛んでなかったのジェッ○スターだけだけ。)


ほんとは母と涙のお別れ、とかなる予定だったんですが、母の新幹線の時間があったので、出国カウンターの列の中に私を残して帰る→私一人。いつ飛行機がくるのかも未定。初海外、一人旅。(アホ)


フィリピン行こうとするんじゃなかった、、この時ばかりは楽観主義で何事もどーにかなるというポジティブ思考が停止しました。


結局予定より2時間くらい遅れて飛行機は無事フィリピンへ。


そして夜の12時。着いたのはフィリピンで一番危ないと言われる、首都マニラ


語学学校のスタッフさんが迎えに来てくれる予定だったのですが、

いない。


どこを探してもいない。ちゃんと到着ターミナルも、飛行機が噴火のせいで遅れてるとも言ったのに!


ちなみに私は運がクソ悪いです。最近学校の宿題で一年を振り返ってのエッセイを書きまして。


この一年。思い返すとなんじゃこりゃ。ってくらい運が悪いんだこれが。


このことについてはまた別記事で。まあ運悪いけど人生楽しんでるしまあいっかみたいな感じで考えてます❤️























 








続きのストーリーはこちら!

16歳、初海外で一人旅。フィリピンに行ってきた話 【その2 トラブる】

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。