第百三十一章 どなたか、ご存知でしょうか?

第百三十一章

「どなたか、ご存知でしょうか?」

  あなたは尊敬する人がいるだろうか。身近な方でも、歴史上の人物でもいい。一般的には評価の定まった歴史上の人の方が尊敬されやすい。私も、織田信長や坂本竜馬などを扱った歴史小説はたくさん読んだ。

  Do you have a person you respect?  Your acquaintanceor a person in history is O.K.  Ingeneral, a person in history is better because what he or she did is highlyappreciated already.  I read many bookswritten about 信長 and 竜馬.

  しかし、高校で「世界史」「日本史」を学んだ時から1つ疑問が生まれた。「信長公記」や「竜馬がゆく」は貴重な書物、すぐれた小説だろうが、読まれる期間も発行部数も聖書には及ばない。

  But I had a question when I studied the world history and Japanesehistory.  We have a lot of good historybooks but much more copies of the bible are sold for a much longer time.

  信長は極東の島国の統一の途上で倒れた。チンギス・ハンの仕事は何十倍の地理的規模だ。竜馬を知っている西洋人はほとんどいない。ところが、イエス様はどうだろう。世界的なベスト・セラーはいつも聖書だと聞いたことがある。

  Nobunage was killed on the way to unite thiscountry.  Genghis Khan made a much bigger country.  Just a few Europeans know Ryoma.  Then how about Jesus?  The bible sell the best in any age.

  彼は何をしたのか。戦争もしない。大発明をしたわけでもない。ただ、語っただけだ。それが、どうして西洋の文明の基礎になったと言われるのだろう。どうして、多くの国の人たちを今も導くのだろう。

  What did he do?  No war, no invention.  Just talking. However they say the bible is the base of European civilization.  Why?

  もう1つの疑問は、「生物」を学んだ時のこと。DNAの螺旋構造は分かるものの、「どうしてリン酸と塩基が勝手に動いて構造物になるのか?」

  

  ものが動くのだから、何物かが力を加えないと無理。それも、きちんとした設計図に基づいた力。

「どこから誰がそのようなことを?」

 

   Another question is from timewhen I was studying biology.  I know thestructure of DNA.  However why or whatmakes such a structure?  It moves.  What moves it?

  

  私は迷信は信じない。数学が大好きなオタク系の人間かもしれない。しかし、イエス様の言行録である「聖書」がどのベスト・セラーより読まれ続けるのはなぜなんだ。命は物質とどこが根本的に違うのか。

  この疑問は解消されない。

  だから、

「もしかしたら、神様が存在するのかもしれない」

  という可能性を否定できずにいる。

  I don’t believe in superstion.  I love math. But logical thinking doesn’t give us the answer to the question.  Why does the bible sell the best.  What is the difference between life andmaterial.

 

  こればかりは、検索をかけても答えがでません。

みんなの読んで良かった!