言葉は人を動かし、世界と私をつなぐ

1 / 2 ページ

言葉は、人を動かす。

けれど、ただの情報の羅列では、人の心は動かない。


人が、自分の心の芯につながった言葉、

その人自身の言葉を話す時、

その言葉は、誰かの心に届く。


私が聞きたいのは、常識でも情報でも、有名な誰かが言った言葉でもない。

あなたが、あなたの心の芯につながった言葉を、

あなた自身の言葉を、私は聞きたい。


だから、私は、私の言葉で語る。

私の言葉で話す。


こうして文章を書く時、私は推敲しない。

思ったままに、その時浮かんだ言葉を、素早いタイピングで打っていく。

その後、訂正しない。(うち誤り、言葉の使いまちがいを直すだけ)

だから、私が発信している言葉は、私の生のままだ。


私が話す言葉も、「これを言ったら嫌われるかも」などと、あまり考えていない。

浮かんだ言葉を、すっと口にしている。


私は、つながりたいのだ。

あなたと。

情報じゃなくて、常識じゃなくて、りっぱに見せかけたあなたじゃなくて、

あなた自身と。


言葉は、あなたをまるごと世界に投げ出すツール。

人は、大きな大きなツールを与えられている。


だから、言葉を、大事に使おう。

情報じゃない、常識じゃない、誰かが言った言葉じゃない、

あなた自身の言葉を使おう。


あなたが、自分の体で体験して体感して、

深く深く思索して、

あなたのしんとした世界の中から紡ぎだしてきた言葉を使おう。


そうじゃないと、

私には、あなたが見えない。


私の心が動くのは、あなたがあなたの言葉を話した時。


みんなの読んで良かった!