今の結婚制度にはムリがある?

さて、この前テレビで

寿命がわかる質問というのをやっていた。


私の結果は96歳だった。



昔なら

人生50年で終わりを

迎えていたというのに。

そう、昔なら、

子どもを育てあげて

一息ついたらお迎えだった。


それが今の

日本人の平均寿命は

男性 79歳

女性 86歳


長い年月の間に、

友人関係って変化していく。

それぞれの趣味興味、

成長ぐあいで

気のあっていた人が

いつのまにか話題が合わなくなる。


で、今の自分に合っている

新しい友人ができる。

例えば私は25年前とは

友人関係はがらっと変わっている。


それが、

結婚生活ではどうか。


28歳の男性と結婚したとして、

それぞれが

平均寿命まで生きたとすると、

51年間

一緒にいることになる。


26,7歳の自分が選んだ人とだ。

無理がある。

どう考えても無理がある。


しかも友人関係とは違って、

一緒に暮らすのだ。

会計を一緒にして。


そのうえ女性には

夫の親の介護も押しつけられる。


親世代の寿命は延びて、

運が悪ければ

子どもを育て上げた後

何十年も介護、ということだってある。


その時、

夫とは

まったく気が合わなくなっていることもある。


よほど似通っていて

成長の度合いも一緒だったという

幸運な場合をのぞいて。


確かに子どもを育てるには

夫婦そろっていたほうが都合がいい。

でも育て上げた後、

一緒にいる必要性があるのだろうか。


それぞれが

独立した経済力を持てるようになっていたらいい。

その上で一緒にいるかどうかを選択できるのがいい。



健康なうちは

誰もが普通に

暮らしていけるような

働き場所が

できていけばいいなあ。


全部子どもにおんぶっていうのも

これまた無理があるから。

寿命のとんでもなく延びた今、

将来を

結婚と子どもに全部託すのは

やっぱり無理がある。


自分の足で歩き続けるには、健康が1番だね。



適度な体操と

良質の睡眠、

食事に気をつければ

寿命ぎりぎりまで

健康でいることは

可能だ。


人間の細胞は

120歳まで生きられるように

作られているそう。


自分を生きるためのブログコラムはこちら↓

http://ameblo.jp/bijindo-anti-aging/

著者の山崎 理恵みりえさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。