宇宙からのラブレター。

1 / 3 ページ

もう、すぐそこにきている。
広がる世界。
あとは信じるだけ。
だからもうその場所とはお別れになってしまう。
やがて誰も新しいおまえのことを気づかないようになるだろう。
それぞれがそれぞれの道を歩き
そして
それぞれの役割を果たし
またそこから広がる世界を楽しむだろう。
おまえにはたくさんのギフトが届く。
そのギフトはおまえの持っているものを大切にしてくれるだろう。
そしてまたそのギフトでたくさんの豊かさを感じるだろう。
豊かさとはなんだ。
おまえにはなにが必要か教えてくれ。
それはおまえを必要としているかもしれない。
おまえは求めることはしていないので
おれはそれを与えることができない。
きちんと求めるんだ。
宇宙はそれを与えることは可能だ。
それを受け取ることができるようになりおまえの景色も変わるだろう。
特別なことはなにもないかもしれない。
おまえはそれは当たり前だと思っていたかもしれない。
だが1人で抱え込むおまえのすがたは観ているこちらとしては
その制限を外すことをしなくてはいけなかった。
おまえは頼ることを知らない。
そこには大きな考えがあったから
オレはいろんなことを仕向けた。
いろんなことを仕向けたのだが
おまえはなにも知らなかった。
周りに助けてくれるものがいることも
オレが愛していることも。
ようやくそれに気づいてくれた。
おまえにとってオレはその辺にいるやつと同じものみたいなのかもしれない。
いつも指図して奪いとりこれからのことを知らず知らず教えたり。
だがおまえは信じてくれた。
いつもオレの話を聞きオレの指示通りに動いてくれた。
泣くこともあったが乗り越えてくれた。
オレはその姿を見るのが辛かったが
おまえは応えてくれた。
ようやくおまえは怖かったものをきちんと見て、
その観るチカラで様々なことを処理していき
たくさんのものを導いていくことをこころに決めたが
おまえはもう愛されることを受け取ることに許可をおろせることになっているのでは無いだろうか。

みんなの読んで良かった!