国会図書館に救われた話。Amazonトラブル・ストーカー・違法転売・レビュー荒らしの顛末とは?

1 / 2 ページ


彼女
「またストーカーがいるよ。・・・大丈夫?」





当時、僕はAmazonでDVDの販売をしていた。DVDに独自ノウハウをまとめた学習コンテンツだ。Amazonで販売できると知ったのは偶然で、まだまだ知らないひとも多かった。Kindleや電子書籍が人気になる前だった。今では規約が変更され、同じ手法での販売は極めてむつかしくなっている。レビュー荒らし、返金制度の悪用が横行したため、僕自身、販売はしていない。



日本人のネットリテラシーは本当に高いのだろうか?最近はインターネットでヘイトスピーチが酷い。独自ノウハウをまとめた情報コンテンツの販売というだけで反社会的な詐欺師だと疑われることもある。ウイルスを巻き散らかしているだろうからホームページにアクセスすらしないほうがいい、とブログに書いているひともいる。



彼らの目的は2つ。自己重要感を満たすこと。そしてお金儲けだ。



僕のお客さんにはひとりもいないけど、そんな書き込みを見るたびにお金の魔力は強烈で、人間を美しくも醜くもするのだなと考えてしまう。





DVDはヒットしてランキングの上位になんどもはいった。しかし、知名度が高まるほど悪用するひとは増える。理想のお客さんを求めての企業努力はある瞬間からリスクの増長になっていた。次の段階に進むタイミングがきたのだ。



その時、僕はAmazonからすべての情報を消そうとを決意した。通常、商品カタログの登録をすると消去することができない。半永久的に商品ページが残るのだ。もちろん悪意に満ちたレビューも・・・。しかも転売行為に歯止めがかからず無法状態になってしまう。適正な価格でお買い求めいただいたお客さんの気持ちを踏みにじる行為になる。マーケットプレイスに罪はない。システム的なことだし、規約に沿った対応をしているだけだ。



僕は決死の覚悟で交渉した。交渉を重ねた。運悪くシステムトラブルにも巻き込まれていた。その流れもあり根気づよく交渉を重ねた結果、なんとか商品カタログの削除に成功した。




次に僕が考えたのは販売停止した教材の取扱いだ。販売停止したからにはオリジナル販売はむつかしい。お客さんに嘘をつくことになる。そこで考えたのは「図書館への寄贈」だ。これなら一般のひとにも見てもらえるし、購入者も納得してくれる。そう考えた僕は早速行動した。


しかし現実は甘くなかった。早々に壁にぶつかった。僕の教材はDVDだ。紙ではない。通常は対象外らしい。しかし、お客さんのためにもなんとかできないか・・・と、相談に相談を重ねた。





最終的に、僕を助けてくれたのは国立国会図書館だった。東京にある日本を代表する公的機関。日本唯一の法定納本図書館だ。セキュリティも強固で都道府県の図書館よりも丁寧に扱ってくれる。僕は安心した。でも、最初からうまくいったわけではない。納書制度はあるもののDVDだという理由で最初はダメだった。



みんなの読んで良かった!