第百三十五章 2つのトルゥース(3)

1 / 2 ページ

第百三十五章

「2つのトルゥース」(3)

 

  私はイエス様やナポレオン・ヒルが「実証してみなさい」という言葉に従ってきた。行動が伴わない学者が一番嫌い。

  I’ve tried to follow thewords of Jesus.  I don’t like the personof words.

ヤコブの手紙 2章
14節―26節「行いを伴う信仰」

聖書2:14 わたしの兄弟たち、自分は信仰を持っていると言う者がいても、行いが伴わなければ、何の役に立つでしょうか。そのような信仰が、彼を救うことができるでしょうか。 15 もし、兄弟あるいは姉妹が、着る物もなく、その日の食べ物にも事欠いているとき、16 あなたがたのだれかが、彼らに、「安心して行きなさい。温まりなさい。満腹するまで食べなさい」と言うだけで、体に必要なものを何一つ与えないなら、何の役に立つでしょう。 17 信仰もこれと同じです。行いが伴わないなら、信仰はそれだけでは死んだものです。

 James 2:14-26New Living Translation (NLT)Faith without Good Deeds Is Dead

14 What good is it, dear brothers and sisters, if you sayyou have faith but don’t show it by your actions? Can that kind of faith saveanyone? 15 Suppose you see a brother or sister who has no foodor clothing, 16 and you say, “Good-bye and have a good day;stay warm and eat well”—but then you don’t give that person any food orclothing. What good does that do?

17 So you see, faith by itself isn’t enough. Unless itproduces good deeds, it is dead and useless.

 生徒の方はよく

「私は精一杯やりました!」

  と、言う。

も、よく聞くと

「宿題を精一杯やりました」

  という意味だと分かって愕然とする。そんなことを精一杯やったと言わない。誰でもやっていることだから。

  Someof my students say

“I did my best.”

みんなの読んで良かった!