英語の単位を落とした私が、英語で英語のアプリを作る!

1 / 5 ページ


国際協力を夢見て大学へ!早速英語の単位を落とす!


国際協力に憧れて、推薦で入学した大学の国際系の学部は、なんと帰国子女だらけ。

私も鳥取弁がネイティブなので、一応標準語とのバイリンガルなのだが、

彼らの英語レベルはすごかった。私の標準語なんて目じゃなかった。


大学での英語の授業は文法の授業、会話の授業と2種類。

会話の授業はとっても楽しかったけど、文法はいつまでたっても中学レベル。

授業は全部出席して頑張っていたつもりだったのに、難しい単語が全然覚えられない。。。


大学1年の時、ついに英語の文法の単位を落とす。

それ以外にもたくさんの授業を取ったのに、唯一落としたのがこの英語。

当時は自分の英語力のなさにかなり落ち込んでいた。


ドミニカ共和国で倒れ、国際協力への夢をあきらめる

英語への自信を完全に失うと共にスタートした、私の大学生活。

週に1時間のグラマーの授業は、知らない単語ばかりで苦痛で苦痛で仕方がなかった。。。

でも、週に2時間の会話の授業は楽しくて、それだけが唯一の救いだった。


そんな大学2年生の時に見つけたのが、青年国際交流事業

憧れだった国際協力の現場へ行けるチャンス!と思い、すぐに応募すると、

幸運なことに合格し、ドミニカ共和国へ。


英語で面接があったが、当時英会話の授業で習った相づちが得意だったために、

すんなり通ってしまって、現地に行ってから苦労することに。

ホームステイ先では、小さい子どもとすら全くコミュニケーションが取れなくて

話していても去っていく…その背中を見ると、とてもとても悲しかった…


そして、一番楽しみにしていた小学校訪問の日に、倒れる。

お腹が痛すぎて動けなくて、トイレから離れられない。

お医者さんに来てもらって、お尻に痛い注射をされ、

赤と水色の大きな喉を通らない薬を飲み、3日間寝込んで、

ドミニカ共和国で短い一生を終えるのかと本気で思った。


倒れている間、「私は国際協力の現場で、なんて役立たずなんだ…」と感じ、

(英語もできないし)国際協力に携わることを一旦諦めた。


日本で就職するが、夢を諦められていないことに気づく


その後方向転換し、一気に日本国内に目を向けるようになり、

私のように、地方で学ぶ機会のない子どもたちに学ぶ機会を提供したい。

みんなの読んで良かった!