高木教育センターのありふれた日々(14)

1 / 21 ページ

高木教育センターのありふれた日々(14)

第百三十一章「どなたか、ご存知でしょうか?」

第百三十二章「言い訳」

第百三十三章「求めよ、さらば与えられん。尋ねよ、さらば見出さんA

第百三十四章「2つのトルゥース」(1)

第百三十五章「2つのトルゥース」(2)

第百三十六章「2つのトルゥース」(3)

第百三十七章「2つのトルゥース」(4)

第百三十八章「神様は乗り越えられる試練しか与えない」(1)

第百三十九章「神様は乗り越えられる試練しか与えない」(2)

第百四十章 「人にしてもらいたいと思うことは何でも人にしなさい」

 

 

 

 

 

第百三十一章

「どなたか、ご存知でしょうか?」

  あなたは尊敬する人がいるだろうか。身近な方でも、歴史上の人物でもいい。一般的には評価の定まった歴史上の人の方が尊敬されやすい。私も、織田信長や坂本竜馬などを扱った歴史小説はたくさん読んだ。

  Do you have a person you respect?  Your acquaintanceor a person in history is O.K.  Ingeneral, a person in history is better because what he or she did is highlyappreciated already.  I read many bookswritten about 信長 and 竜馬.

  しかし、高校で「世界史」「日本史」を学んだ時から1つ疑問が生まれた。「信長公記」や「竜馬がゆく」は貴重な書物、すぐれた小説だろうが、読まれる期間も発行部数も聖書には及ばない。

みんなの読んで良かった!