妊娠8ヶ月の妊婦が東京に一人旅して、見知らぬ外国人と朝の4時から築地へ寿司を食べに行ったお話。最終話

2 / 2 ページ

前話: 妊娠8ヶ月の妊婦が東京に一人旅して、見知らぬ外国人と朝の4時から築地へ寿司を食べに行ったお話。4話

・どこの国の男性がいちばんハンサムかということについて

・彼氏の話

・香港のランカイフォンという地域にクラブやバーがいっぱいあって

楽しい事

・シャネルなどのブランド品は、香港の方がお得に買える事

・香港のお金持ちについて

・香港のおいしい食べ物について

・香港では夏に船パーティーが行われて、それがすごく楽しい事

・香港エクスプレスという飛行機に乗るとすごく安く行き来できること


まさにガールズトークなんだけど

それがすごく楽しかった。



朝いきなり起こされて、

数時間前にはお互い国も違うし

他人だった私たち。


もしこの時期に東京に行こうと思ってなかったら・・・

もしこのホステルを選んでなかったら・・

もしホステルの中の6〜7部屋ある中の別の部屋だったら・・

もし私がエイプリルのベッドの上の段に寝ていなかったら・・

もし私が英語が話せなかったら・・


すべて偶然が重なって

起こった出来事でした。


でもこうやって知り合えて

会話できて仲良くなれているって

すごく奇跡だなとしみじみ思いました。





この旅できづいたこと・感じたこと


東京に今回旅するまでは

妊娠中のもやもやとしたストレス?から


出産後の自分の方向性とか・・

人生だったり・・についても

必要以上に深く考えすぎて

不安ばかりが募っていたきがします。


女性って結婚とか出産で

人生が大きく変わりますよね。


出産後は子育てで今より不自由になってしまうのかな』って。


ネットの情報を見ても

「産後は子育てに追われて自分の時間がない」

「旅行になんてしばらく行けない」

と、ネガティブな情報ばかりあった。


そして私もその情報を鵜呑みにしてしまって

気持ちが暗くなっていたのかもしれない。


でも今回の旅行で

エイプリルと出会って話して


『妊婦だからどうってことない』

『旅も自分の好きなようにできる』

『出産後もきっと自由に暮らせる』

『自分の思うようにいく』


っていう自信がついたような気がする。


そもそも、子育てしながら

自分でお仕事をして稼いでいる女性だっているし


育てながら

バリバリ働いている人たちだってたくさんいる。


世の中にそういう人も実在するんだから

他の人にできて


私にできないことはないし、

子どもを産んだ後にだって

自分なりに工夫して自由も作れると思った。


妊娠にもそうだし

仕事や勉強においても、

ダイエットやその他にも共通していえることなのだけど

自分で最初は『できない』と思っていることって

やってみると

案外簡単にできてしまったりする。


できないと自分で思っていても

『とりあえずやってみること』

『とりあえず行ってみること』

それが大事なのかもしれない。


それを今回の旅が思い出させてくれ、

気づかせてくれた。


いいタイミングだったと本当に思った。



もし出産後、育児で疲れたり大変な事があったりしたら

自分でこのストーリーを見返して


このときの気持ちを思い出そうと思う。


そしてこれからも

新しいことを始めたいなって

意欲がわきました。


朝早起きして、

楽しそうだからという感覚だけで見知らぬ外国人と旅して

本当によかったです^^


もしこれを見てるあなたも

『何かできない』って思っていたり


うまくいかなくて

悩んだりしたときは


何か新しいことをやってみるといいと思います。


『楽しそうだな』と

自分の感覚が感じたときは


とりあえず行ってみるべきです。


このストーリーはこれで終わりです。


最後まで読んでいただき

ありがとうございました。


著者のSonan Sachiyoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。