あなたが苦しいのは、外を追いかけているから

1 / 2 ページ

何か苦しい。

人のことが、気にかかる。

「あの人、いつのまにあんなに人気になったの?」

「あの人、家族で旅行に行ってるんだ。素敵なホテルに泊まって、

素敵な食事をしている」


フェイスブックを見ては、心がざわつく。

自分ばかり、おいてきぼりをくらっているような気になってしまう。


つらいなら、フェイスブックを見るのをやめよう。

友達をやめなくても、フォローをはずせばいい。

あなたが見たいものだけ、見ればいい。


そしてね、外ばかり見ているから、

外ばかり追いかけているから、心がざわついてしまうの。


外の誰かがキラキラして見えるのは、キラキラ見せているから。

心が「足りない」って思っている人ほど、キラキラ見せている。

足りていれば、あえてキラキラ見せる必要はない。


ただ、やりたいことをやって、ほんとにキラッキラしている人はいる。

それは、

子供のように遊んでいる人。


そういう人は、外を追いかけていない。

自分の中にある「やりたい」を追いかけている。


自分の中にある「やりたい」に夢中だから、人のことなんて気にしない。

人と自分を比べたりなんてしない。

悪く言われても、平気。


だってね、自分は、宇宙を越えてすばらしいんだよ。

人となんて、比べる必要ない。

誰かになりたいなんて思う必要ない。

誰かについていく必要なんてない。


あなたは、すばらしいあなたを追いかければいいんだ。


「そんなのきれいごとだ」

そう思う?

「それは、あなたが優秀だから、そんなふうに思えるんだ」って。


そうでもないよ。

みんなの読んで良かった!