帰ってきた世界10

1 / 2 ページ

考えることとやることを同時にできない。次々指示されたらどんどんタスクとして溜まってオーバースペックでショートする。
メモリ容量を超える。
処理能力を超えて、ダウンする。
ところでさ、秘密って、なに?
わかっていることがすべてでいいじゃん
占いもお笑いもそんな変わんねえよ
妄想くん以外と遊びたいと思わないよ。ってか遊んだことないし、遊んでも楽しくないし、楽しくなかったけどもう一度遊びたいとかもないし。
電話の切るタイミングの掛け合い
たぶん「うっせー!!」って言える相手探してるだけだよ。
実況者の人にすら他に趣味あるとか死ねるね。高卒クズが
僕は人の生活の完成系にいきついた。そうとしか思えない。幸福感が高すぎる。ギャップでもなくただ純粋に幸せ。
悲惨なものでもつくれればいいのか、上を目指すのか。
アナタハナニヲカナゑルヒトデスカ
ほんとせかいじゅうしねばいいヨ
追い込まれてるってゴメンなんなの?
追い込まれてるからもうここから逆転とか幸せとかむりかな。
「時間がない」って言い訳だけはマジでナシだな。
技術が見れないならエンタメ力で見るしかない。
目の前のダンサー達に評価されてある程度なら、周りをみろ
要するにフリーの身になって好き勝手にやってるってことじゃん。
なんかバカみたい。
演じた姿で友達を作ったがために、素の姿の自分に自信が持てなかった。
そうか怒鳴ればいいのか。こういうことか。
お父さんになりたくないのがここまでも歪んだ。
女の子としゃべりたくない。
散らかるものと掃除しなきゃいけないことと人
散らかされない場所
言い切る、ねじ伏せることはできるけど、僕の本願は女性に優しく、だったのかもしれない。でも何のために?何の役に立つんだろう。大の男が女に本気で情けない。
誰に憧れてなにがしたかったんだろう。これで女性を好きになれるだろうか。
目を背けない。目を動かしているが常に何かを見回しているゆえ。
いつの間にかキャラが僕になってた。というか憧れになれてた。って感じか
兄弟のなかの僕になった。
あのときの僕が何を思ってたのかしばらく考えることにする。やることしかない気はするんだけど。
趣味はなんのためにあるんだろう。
どんなイケメンでもセックスするんだ。とかそういうことでもじゅうぶん死ねるんだよね。
結局そうやって生まれたアイドルかよとか思うとさ。ってかもう全体不浄
自分を強要するような姿勢が好きじゃない。
これでなにがわかんだよ。って思っちゃう。
最初に自分の意志で周りと関係なく聞いた曲は自分の「好き」にさせる。
というかそれを自分にしているのかよりどころなのかたすけてほしいのか嘘なのか。
自分をその色にして満足することがすごく愚かにかんじる。
こう思えるのも今日だけかもしれない。だから言おう。って神経は嫌いじゃない。刹那的というか俯瞰的じゃないというのか。真理的じゃないとか。
仕事を遂行してた方がずっと偉いみたいな感じ。女の人はずっと感情の自分で生きてるのかな。自分が誰で、どんな性格かってことで。

みんなの読んで良かった!