帰ってきた世界10

考えることとやることを同時にできない。次々指示されたらどんどんタスクとして溜まってオーバースペックでショートする。
メモリ容量を超える。
処理能力を超えて、ダウンする。
ところでさ、秘密って、なに?
わかっていることがすべてでいいじゃん
占いもお笑いもそんな変わんねえよ
妄想くん以外と遊びたいと思わないよ。ってか遊んだことないし、遊んでも楽しくないし、楽しくなかったけどもう一度遊びたいとかもないし。
電話の切るタイミングの掛け合い
たぶん「うっせー!!」って言える相手探してるだけだよ。
実況者の人にすら他に趣味あるとか死ねるね。高卒クズが
僕は人の生活の完成系にいきついた。そうとしか思えない。幸福感が高すぎる。ギャップでもなくただ純粋に幸せ。
悲惨なものでもつくれればいいのか、上を目指すのか。
アナタハナニヲカナゑルヒトデスカ
ほんとせかいじゅうしねばいいヨ
追い込まれてるってゴメンなんなの?
追い込まれてるからもうここから逆転とか幸せとかむりかな。
「時間がない」って言い訳だけはマジでナシだな。
技術が見れないならエンタメ力で見るしかない。
目の前のダンサー達に評価されてある程度なら、周りをみろ
要するにフリーの身になって好き勝手にやってるってことじゃん。
なんかバカみたい。
演じた姿で友達を作ったがために、素の姿の自分に自信が持てなかった。
そうか怒鳴ればいいのか。こういうことか。
お父さんになりたくないのがここまでも歪んだ。
女の子としゃべりたくない。
散らかるものと掃除しなきゃいけないことと人
散らかされない場所
言い切る、ねじ伏せることはできるけど、僕の本願は女性に優しく、だったのかもしれない。でも何のために?何の役に立つんだろう。大の男が女に本気で情けない。
誰に憧れてなにがしたかったんだろう。これで女性を好きになれるだろうか。
目を背けない。目を動かしているが常に何かを見回しているゆえ。
いつの間にかキャラが僕になってた。というか憧れになれてた。って感じか
兄弟のなかの僕になった。
あのときの僕が何を思ってたのかしばらく考えることにする。やることしかない気はするんだけど。
趣味はなんのためにあるんだろう。
どんなイケメンでもセックスするんだ。とかそういうことでもじゅうぶん死ねるんだよね。
結局そうやって生まれたアイドルかよとか思うとさ。ってかもう全体不浄
自分を強要するような姿勢が好きじゃない。
これでなにがわかんだよ。って思っちゃう。
最初に自分の意志で周りと関係なく聞いた曲は自分の「好き」にさせる。
というかそれを自分にしているのかよりどころなのかたすけてほしいのか嘘なのか。
自分をその色にして満足することがすごく愚かにかんじる。
こう思えるのも今日だけかもしれない。だから言おう。って神経は嫌いじゃない。刹那的というか俯瞰的じゃないというのか。真理的じゃないとか。
仕事を遂行してた方がずっと偉いみたいな感じ。女の人はずっと感情の自分で生きてるのかな。自分が誰で、どんな性格かってことで。
女の人と話してるとイライラしそう。それこそ人間と向き合ってなくて人間力は落ちるのかもしれないけど。
そんでその中から自分の理想の欠片を少しでももってる人を狙うと。
人間関係を築くってことはわがままをしにくくなるってことだとやっぱり思うんだよな。
できそうな計画の破綻。現実的な計画を立てたのにその受け入れられ方と成果は幻想的な計画となにもかわらない。
夢とか本当にないわ。無理なものは無理だからね。無理だと思うから無理なんだって言うのは真理で、思えないからこの人には無理なんだ、思えてもすぐに思えなくなるから無理なんだってことなんです。
挑戦するってことは無駄なことをするってことでもあって、お金もあって時間もあって素晴らしい時間、大学。でもね。それを生かしきれないやつもいることも現実。なにせそれをする気が起きない。起こさなきゃいけないのだとしても、立たないやつは置いてけマジで。
余裕ぶっこいてるってなんなんだろうな。僕も同じようになれる、うん?
これまでとおんなじ日々が送れる?
泣いたり怒ったりしながらも周りには人がいる?頑張るものがある?
人のためにいつまでだって行けてしまう。目の前の人を救うことと、見えない大勢を救うのは全く違う。
「目の前の幸せを得るために」
なんで、不変の愛を求めるのに変化を欲しがるんだろう。自分は所詮一分野の人間だってどうして思えないんだろう。性格と
お父さんは体が弱い。体の痛みに弱い。だからそれでも強くなれたって思いがあるのかもしれない。
人を意識するかどうかに関係なく「なれた時間」の過ごし方は短く感じる。覚えていても仕方ないし。
逆転するとは言わないけど、弱くなることで僕に託してくれる日がくるのかな。それは僕の兄弟が多かったおかげなのか。こんなに頑張って苦労もないからだろうか。
気を遣うといっても果てしない。気を遣わないといっても果てしない。
自分の満足がどれだけ人に伝わっているかどうか
お笑い芸人でもいいんだけど、お笑い芸人じゃなくてもいいんだろうなって思い始めてる。どこまでだろう
便利なことを親にどうやって教えよう。性格があって偏りだして、それを尊重して人付き合いして。仕事でもなきゃ正しさなんてただの性格で。
勝ちにこだわった結果の保守
男二人なんだな〜と寂しく思ったり。
そしてただの人にしか見えないことがいったいどういう影響をもたらすのか。
論理武装で一人の自分を囲い込んでたのがお父さんだった。
でも、自分でもないその論理は誰を幸せにしてるの?
募金って制度が幸せのカルトを産んでる気がしてあんまり社会への影響が良くなさそう。もうちょっとクールでわかりやすい言い方ないかな。
力ってなんだ。影響力ほどよくわからない力ってないな。知らない人にはまったく通じないってことだよ?
「「僕」として人について考える」
真の意味、いわゆる真の論理でただしいことを理解せずに、字面通りにとることも重要だと思うけど。そんなに揺らぎえないよ、ひとは。
真の論理がわかっても別に使い道とかないんだよね。それを思いつけるというか自然に「へえ」っていう頭になるかどうか?ある程度は性格というより、個体差(本人の情報差)があるからわかんないけど。
アニメに近づけるべきなのか野望に近づけるべきなのか。妥協すべきなのか。
I.Qが上がるとかいったいどうなんだろうね。高くなったところで性格をコントロールできるわけでもないし、環境は造っても、そこに対応があるわけだし。仕事ができるかってとこに関してはただの積み上げだしね〜。
金持ちだけど、頭良く幸せになれないってなんなんだろうね。
キャラとカルトは違う。
キャラメルとタルト
ダジャレが脳にいい理由がわかった。
じゃあ新しさを求めなくていいのか?って言われたらよくわかんねえな。身近な新しさをどうすりゃいいんだろうな。ただ知らなかっただけじゃねぇかでバカのポジションにされたら意味がわかんねえし、どう論理が組めるかの方が絶対大事だと思うんだよな。
空気の勝ち負けとかクソだと思うわけ。
雰囲気と幸せ

解決しようとしない問題として、気にすればそれで終わりのものとして放置することが増えた。どうするべきだろう。なんとなく流すものと関わるもの。関わる時間があるならどうする。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。